加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

4~6月期GDP大幅下落の解釈

 

 内閣府が2014年8月13日に発表した4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前期比マイナス1.7%と大幅な下落となりました。これは年率換算にするとマイナス6.8%という大きな数字です。

 7~9月期のGDPは消費税10%増税を判断する重要な材料となります。わたしたちは、GDPの数字をよく理解しておく必要があるでしょう。

GDPの数字はあくまで前期比にすぎない
 GDPの数字を見る際に注意する必要があるのは、一般に使われる季節調整済みの数字はあくまで前期比であるという点です。今回は1.7%のマイナスだったのですが、これは1~3月期の数字に対してマイナス1.7%だったということです。

 ちなみに1~3月期は、昨年の10~12月期に対してプラス1.5%という良好な数字でした。言うまでもなく、この数字は消費税増税の駆け込み需要によるものですから、4~6月期の数字が大きく落ち込むことは、以前から予想されていたわけです。

 同じように考えれば、7~9月期の数字は今期の反動がありますから、プラス幅は大きくなることが考えられます。
 しかし、これはあくまで4~6月期のマイナスが大きかったゆえのプラスですから、この数字が大きいからといって、日本経済は好調だとは断言できないわけです。

 今の話はGDPの絶対値の数字を並べるとよく分かります。昨年の10~12月期のGDPは約527兆円、今年の1~3月期の数字は約535兆円、4~6月期の数字は525兆円です。
 仮に7~9月期の数字が2%の大幅プラスになったとしても、絶対値では535兆円となり、今年の1~3月期と同じになります。つまり、デコボコはあっても、日本経済は基本的に成長していないわけです。

 もし7~9月期の数字が大幅なプラスだったからという理由だけで消費税を10%に増税するということなると、それは単なる数字のマジックということになります。

 人は何年も前のことになるとすっかり忘れてしまうのですが、政府の行動をチェックするという観点に立った場合、それは致命傷となる可能性があります。その点で、時系列の理解が得意な米国人からは学ぶべき点は多いと考えられます。

gdpgeraku

昨年を基準にする日本人と最も良かった時を基準にする米国人
 米国人は政治家を尊敬する一方、その仕事ぶりに対する評価は非常に厳しいものがあります。尊敬を集めるリーダーだからこそ、ちょっとやそっとの結果では許されないという考え方です。

 米国はリーマンショックで大きな落ち込みを経験しましたが、その後の回復過程において、常に話の中心となるのは、リーマンショック前を基準にした比較です。

 株価を話題にするときは、過去最高値であったリーマンショック前の1万4000ドルが常に基準になります。彼等にとっては、ピークであった1万4000ドルを回復して当然であり、そこに至らない場合にはマイナスという評価なのです。

 リーマンショックによる現実の影響を考えるとオバマ政権は本当によくやっていると思いますが、米国民はオバマ大統領の経済政策に満足していません。それは、ようやくリーマンショック前の株価に戻っただけであり、雇用などはまだ当時の状況まで復活してないからです。

 一方、日本人は政治家に対して非常に寛容です。というよりも、話題の基準が常に、前年比、前期比であり、その前は、どの程度の水準だったのかあまり考えないのです。

 80年代バブルの頃、日経平均は4万円に迫る勢いでしたが、その後、株価は7000円台まで落ちるという、想像を絶する下落となりました。当時を基準とするなら、現在の株価水準などお話にならないのですが、日本ではアベノミクスで株が上がったといって多くの人が喜んでいます。

 4万円はバブルだったのでそれを基準にするのは間違いだという人がいますが決してそうではありません。日本は主要国で唯一、20年間経済成長を実現しなかった国であり、他国はその間、数%成長を毎年実現し、経済の規模は1.5倍から2倍に拡大しているのです。

 日本も同じように経済成長を実現できていれば、今頃株価が4万円を超えていてもまったく不思議はありません。私たちは直近の数字にダマされないようにする必要があります。比較対象は昨年の数字ではなく、ピーク時の数字であるべきです。

 - 投資, 経済 ,

  関連記事

jinkochino4111
人工知能が普及する現実の姿を想像してみよう

 人口知能やロボットの導入によって、日本の仕事の半分が消滅するという野村総研のレ …

dowgeraku
米国株急落をどう見る?

 米国株式市場が急落しています。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル安の …

21choen
年金運用の年間最大損失額21兆円をどう見る?

 公的年金の運用における国債から株式へのシフトが進んでいます。株式は国債に比べて …

daieiphoto
ダイエー消滅が意味すること

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

kakusanichibei
米国の格差問題と日本の格差問題

 米国経済は順調な回復を見せていますが、一方で、富の格差がなかなか縮小しないとい …

saiseikanou
再生エネ買取制度が危ない?新規受け入れ中断の背景

 太陽光発電などで生まれた電気を電力会社が買い取り、再生可能エネルギーの普及を目 …

trump201611
トランプ大統領の登場をきっかけに、日本は消費型経済への移行を模索すべき

 米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという予想外の結果となりました …

noukyou
農協改革にはお金の視点が重要

 農協改革に関する議論がヤマ場を迎えています。基本的にはJA全中という中央組織が …

risuku1003
正しいリスクの取り方

利益を得るためにはリスクを取らなければならないといわれていますが、むやみやたらに …

asohatusgen02
個人金融資産がムダになっているという麻生大臣の発言から読み取れること

 1600兆円の個人金融資産に関する麻生財務大臣の発言が話題になっています。日本 …