加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

身近な人から奪うのか、広く薄く集めるのか?

 

 お金の稼ぎ方にはいろいろな種類があります。
 どうやってお金を稼ぐかという話は世の中にたくさん存在するのですが、ここでは少し視点を変えてみたいと思います。それは、どうやって稼ぐかではなく、誰から稼ぐかということです。

お金儲けはゼロサムゲームか?

 お金を稼ぐという行為には、少なからずゼロサムゲーム的な要素がつきまといます。ゼロサムゲームとは、誰かが得をすると、誰かが損をしているという状況のことを指します。つまりお金の奪い合いです。

 もっとも、経済が拡大してくれば、全体の富が大きくなるという現象が起きますから、奪い合いにはならないという考え方もできます。しかしその中では相対的な稼ぎの違いというものがあるので、やはり奪い合いという側面があることは否定できないでしょう。

 ここで重要なのは、誰からお金を奪った方が合理的なのかという点です。

 市場メカニズムがしっかりしている国の場合には、不特定多数から薄く奪った方が合理的で、その方が圧倒的に儲かります。Googleなどはまさにその典型で、1クリック何十円という広告料を積み上げて、何兆円もの売上げにしているわけです。

 一方、市場メカニズムがあまり発達していないところでは、身近な人から奪うという方が儲かります。いわゆるブラック企業がその典型ですが、より儲かるビジネスモデルを考えるよりも、社員をいじめて搾取した方が、てっとり早いわけです。

mijikanahito

 身近な人から奪うというやり方は、広く薄く集めるやり方に比べると、実はあまり儲かりません。お金のない人からさらに搾り取ったところで、その金額はたかが知れているからです。
 しかし、とりあえず弱い人から奪えばよいので、実行するのは容易です。とりあえず人よりちょっと儲けられればよいという、志の低い人はこうしたやり方に走りがちです。

日本はどちらかというと搾取型の国

 ここではブラック企業を例にあげましたが、この仕組みは自体はブラック企業に限ったものではありません。残念ながら、日本はどちらかというと、身近な人から奪うことが中心の社会といえます。いまだに合理的な市場メカニズムが確立しているとは言い難い面があるのです。

 公共工事など官が発注する仕事はまさにこの典型で、政治力のある強い人が、最初に仕事を受け、立場の弱い下請けに仕事を丸投げして利益を抜いていきます。

 最終的に実務を担当する人のところには、ごくわずかしかお金が回ってきません。企業も同じで、いまだに重層的な下請け構造を維持しています。
 このような強固な元請け、下請けという形態は先進国では日本にしかないものです。

 確かに途上国にあるような非人道的な搾取は行われていませんが、皆がより大きくビジネスをしてパイを拡大させることよりも、身近な人で、自分より下の人を見つけてきて満足する傾向が強く、ビジネスの世界でも従属的な人間関係がよく見られます。
 日本企業の利益率が低いのもの、おそらくこのあたりに原因があると思われます。

 豊かで自立した生活をするためには、こうした負のネットワークから抜け出す必要があります。ブラック企業の横行や硬直化した下請け構造は、制度的な面でもたらされている部分もありますが、最終的には一人一人の意識に依存しています。

 法定賃金以下で、過労死するまで働かなければならない仕事をするのはまったく非合理的ですが、日本では秩序を乱すことは「悪」と教育されてきますから、それに対してノーということに対して罪悪感を持つ人も多いのです。

 こうした土壌そのものから改善していかないと、ブラック企業の問題は解決することは難しいでしょうし、また、持続的な経済成長を実現することも難しいでしょう。

 - ビジネス, 社会, 経済

  関連記事

hennnahito
「変な人」の募集で人材は育つのか?

 総務省が「変な人」の募集を開始したことが大きな話題になっています。 「変な人」 …

puchikigyoujosei
女性のプチ起業が思わぬところで波紋?

 このところ、女性の就労機会の拡大が社会的課題となっていますが、女性の「プチ起業 …

usaoilexport
米国が石油の輸出を解禁する意味

 米国がいよいよ自国産の原油の輸出を開始します。米紙によるとオバマ政権は石油会社 …

skypehonyaku
人工知能による同時通訳サービスがもたらすインパクトは大きい

 インターネットの通話サービスを手がけるSkypeが、人工知能を使った同時通訳の …

genyukakau
原油価格下落のメカニズムと経済への影響を考える

 原油価格の下落が、世界中の投資家心理を急激に悪化させています。安い原油価格が、 …

kurugumanabe
クルーグマン教授との会談を官邸側がオフレコにしたかった理由

 非公開を前提にしていた安倍首相とポール・クルーグマン教授の会談内容をクルーグマ …

swissfukei
為替のスイス・ショックと円高・プラザ合意の共通点

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

pikettybook
ピケティの理論を日本経済100年に当てはめてみると

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっています。彼の著作である「21世紀 …

irannuclear
イラン核協議の最終合意は、なかなか絶妙な内容

 米欧など6カ国とイランがとうとう、核開発問題について最終合意に達しました。イラ …

nichiginkuroda
日銀の量的緩和策が正念場。追加緩和か路線変更か?

 日銀の量的緩和策が正念場となっています。日銀は2年で2%という物価目標を掲げて …