加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

消費税10%の判断材料となる7~9月期のGDPはかなり悪い?

 

 このところ消費の落ち込みが顕著になっているのですが、7~9月期のGDP(国内総生産)の数字が押し下げられる可能性が高くなってきました。場合によっては消費税の増税判断に影響を与えるかもしれません。

天候不順が消費低迷の原因?
 内閣府は10月1日に開催された経済財政諮問会議において、7~9月期のGDPに関する試算を提示しました。それによると、7~9月期の実質GDP成長率は、前期比で0.2%ポイントから0.6%ポイント押し下げられる可能性があるということです。

 数値が押し下げられる理由として政府は、夏の天候不順による個人消費の低迷をあげています。夏場の大雨でコンビニや外食などで客数が減ったことや、気温が上がらずエアコンの売上げが伸び悩んだことが原因というわけです。

 個人消費は日本のGDPの約6割を占めており、消費が盛り上がらないと確かにGDPは増えません。
 このところ個人消費が低迷していることは小売店の販売状況など各種のデータから明らかなのですが、その理由が天候不順なのかについては疑問の余地が残ります。

 その理由は、実質賃金の低下と家計の消費支出減少が続いているからです。今年の春闘では政府からの要請もあり賃上げが実施されました。しかし消費税の増税幅の方が大きく、家計にとっては実質的にマイナスの状態です。しかも中小企業の中には、賃上げが実施されていないところも少なくありません。

 また円安の影響で多くの製品が値上げを発表しており、消費者にとってはさらに購買力が低下している状況です。確かに、夏場の天候が良くなかったことは、消費低迷のきかっけとなったのでしょうが、これが決定的要因ではないと考えられます。やはり根底には消費者の購買力低下という問題があると考えた方が自然です。

79gdpyoso

政府要人の発言から推測されること
 高市総務大臣はこの試算について「天候要因が大きい」との認識を示しています。政府としては、恒常的な景気低迷ではないということを強調しておかなければ、消費増税の判断に影響してくる可能性があります。高市氏の発言はこのあたりを意識したものと考えられます。

 また甘利経済財政相は、テレビ番組の中で、消費税率の引き上げについて2014年12月1日に判断することも可能という認識を示しました。12月1日というのはGDP推計の元になっている法人企業統計が発表される日です。12月8日には、安倍首相が消費税10%増税の判断材料にすると述べていた7~9月期のGDPが発表となります。

 甘利氏の発言は、7~9月期のGDPの数値を見なくても消費税引き上げを判断できる可能性を示したものと理解されています。その真意は明らかではありませんが、予算編成が大詰めとなる年末を避け、増税について早めに決断するという選択肢も検討されているのかもしれません。

 天候要因が大きく、仮にGDPが落ち込んだとしてもそれは一時的であるという高市氏の発言や、GDPの発表前に増税を判断する余地を残した甘利氏の発言などを考えると、やはり7~9月のGDPはかなり悪い数字である可能性が高いでしょう。同時に、悪い数字であっても、増税を決断することは既定路線になっているような印象を受けます。

 政治決断による増税先送りという説もありますが、果たしてどうなるでしょうか?

 - トピックス, 政治, 経済 ,

  関連記事

putin
ロシア強気外交のウラ側

 ロシアのプーチン大統領は2014年7月、他国への武器輸出を拡大する方針であるこ …

46gdpmainasu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。来期の数字でアベノミクスの成否が決まる?

 2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値は、市場の予想通りマイナス成長 …

blackfriday
米国の感謝祭セールを見れば来年の景気が分かる?

 米国では感謝祭を迎えたことで、いよいよ年末商戦のシーズンに突入しました。米国の …

mijikanahito
身近な人から奪うのか、広く薄く集めるのか?

 お金の稼ぎ方にはいろいろな種類があります。 どうやってお金を稼ぐかという話は世 …

arusutomu2
シーメンスとアルストム、鉄道部門統合の目的は製造業のデジタル化

 独シーメンスと仏アルストムの鉄道部門が統合されることになりました。表面的には躍 …

trumpson
孫正義・トランプ会談を深読み。背景にあるのは、実はアップル問題の解決?

 ソフトバンクの孫正義社長が、トランプ米次期大統領と電撃的に会談し、米国への巨額 …

zangyozero
残業代ゼロ制度でどうなる?

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ制度に関する議論が本格化 …

appurukessan
アップルの絶好調決算に見る、中国市場の質的変化

 米アップルが驚くべき決算を発表しました。中国向けiPhoneが絶好調で、売上高 …

cop20
温暖化対策についての会合「COP20」では何が話し合われているのか?

 地球温暖化対策について話し合う国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2 …

zenjindai
中国はどこまで軍備を拡張するのか?

 中国政府の軍事費が増大していることが問題視されています。隣国の日本としては気に …