加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

職場パワハラ問題の根本原因は硬直化した労働市場

 

 職場のパワハラによる自殺が話題になっています。世間では、どうしたらパワハラによる自殺を防げるのかという議論が行われているようです。

 もちろんパワハラそのものは論外であり許されることではないのですが、問題はなぜ自殺に追い込まれる状態にまでなってしまうのかということです。

 この背後には、適度の競争による人の入れ替えや、働き方の自由を許容しない、日本の閉塞的な労働環境があると考えられます。根本的な解決を目指すには、ここにメスを入れる必要があります。

たった1回の就職試験でキャリアのすべてを決めるのは非合理的
 普通に考えれば、職場で毎日イジめられたり、場合によっては暴力を振るわれたりといった状況であれば、とてもそのような職場で働く気にはなれません。

 しかし自殺に追い込まれてしまう人は、なぜかそこに居続けてしまいます。いわゆるブラック企業と呼ばれる企業の場合には「退社した場合には大変な目に遭うぞ」と脅しているのかもしれませんが、そういった企業ではないケースもたくさんあります。
 例えば、福島県警で起こったパワハラによる自殺は、公務員ですから、ブラック企業とは正反対の環境なわけです。

 日本の場合には、若い時のたった一回の就職試験で、ほぼ一生のキャリアパスを決めてしまうという、摩訶不思議な人事システムが主流です。今でこそだいぶ転職市場が整備されてきましたが、それでも転職はそれほど容易なことではありません。

 さらに、日本には正社員、非正規社員という区別があり、正社員の人は好待遇が続き、非正規社員は非常に待遇が永続するということが当たり前になっています。しかも途中で、人がガラガラポンで入れ替わるということがほとんどありません。

 そうなってくると、公務員や大企業の正社員という立場は、ある種の人にとっては、大変な特権となってしまうわけです。この立場をやめてしまえば、特別な才能がある人以外は、二度と同じような好待遇で働けなくなる可能性が高いのですから、皆がこの立場にしがみつこうと必死になります。

pawahara

適度な競争が健全な社会を作る
 普通であれば、運悪く、劣悪な職場環境のところに就職してしまったら、転職を考えます。しかし、日本の場合には、一旦入った会社を辞めてしまったら、人生をすべて棒に振ってしまいます(少なくとも、棒に振ってしまうと本人が考えてしまいます)。

 パワハラを受ける人は、度重なる暴言などで、自分が悪いと思い込まされており、反論できない状態になっているといわれます。

 もちろんそういった面もあるのでしょうが、やはり最終的には、会社を辞めてしまったら、底辺の生活に落ちてしまうという恐怖感や、せっかくいい会社に入ったのに、親や親戚にどのように説明したらよいかという不安感が、大きく影響していると考えてよいでしょう。

 本コラムでは何度か言及しているのですが、社会の健全性や公平性を保つためには、適度な競争が維持され、一定数の人が常に入れ替わる環境が絶対に必要です。

 パワハラを受けてもいつもで辞められる、辞めても次の職場はすぐに見つかるという安心感があれば、受け止め方はかなり違うでしょう。

 同じ人たちだけが、一種の特権として集団を形成していることは、あらゆる面で、よい結果をもたらしません。こうした硬直化した社会システムが少し変わるだけで、不必要な不幸を減らすことができます。

 格差が問題なのは、格差そのものではなく、それが永続することです。格差が生じても、それが永続的なものでないのであれば、人は肯定的にこれを受け入れることができます。

 しかし格差が完全に利権となり、永続するということになると、これを肯定的に受け入れることはできません。最終的には敵視や嫉み、あるいは卑屈な取り入りといった形で不健全さが顕在化してくるのです。

 - ビジネス, 社会 ,

  関連記事

togikai
収束しない都議会ヤジ問題。背景には何が?

 東京都議会のヤジ問題がなかなか収束しません。みんなの党会派の塩村文夏(あやか) …

hoikuen
保育園は迷惑施設?

 保育施設の建設が、地元住民の反対で難航するケースが相次いでいるそうです。子供の …

globalkeiei
経済産業省の「伊藤レポート」はビジネスマン必読

 先日、経済産業省が非常に面白いレポートを公表しました。企業と投資家との間には、 …

sigotosinaiojisan
米国人はテキトーに仕事をしているのになぜ生産性が高いのか?

 日本人ビジネスマンの仕事の仕方と、米個人ビジネスマンの仕事の仕方をコミカルに比 …

taifu08
何十年に一度というキーワードが連呼される背景

 先日の台風8号は「10年に1度」「50年に1度」などと大変な騒がれようでした。 …

nenkojoretsu
安倍政権がとうとう年功序列賃金の見直しに着手?

 安倍政権がとうとう年功序列の賃金体系に対してメスを入れる考えを明らかにしました …

kyuyomeisai002
賃金は物価に追い付くのか?

 昨年の春闘では、民間主要企業において2.19%の賃上げとなりました。2%を超え …

ai brain
人工知能はビジネスに何をもたらすか?

 人工知能の開発に力を入れている米IBMが、同社の人工知能「ワトソン」の本格的な …

skypehonyaku
人工知能による同時通訳サービスがもたらすインパクトは大きい

 インターネットの通話サービスを手がけるSkypeが、人工知能を使った同時通訳の …

shapuhonsha
シャープが再び赤字転落。政府による産業支援策が遠因?

 業績が回復していると思われていたシャープが再び苦境に立たされています。黒字予想 …