加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

バター品薄で浮き彫りになった日本の国家独占貿易システム

 

 このところバターの品薄が続いていますが、これに対処するため農林水産省が1万トンの追加輸入を決定しました。同省は2月に2800トンの輸入を行っていますから、今回はそれをはるかに上回る量の輸入ということになります。
 
 国内では年間約7万5000トンのバター消費があります。これに対して国内の生産量は6万トン程度となっており、足りない分は輸入で賄われています。バターが足りなければ輸入を増やせばよいということになるはずですが、日本の場合、そうはいかない特殊な事情があります。

バターは実は国家管理貿易だった
 バターが品薄になっているマクロ的な要因は、バターの原料となる生乳を生産する酪農家が減少し、生産量が減ってしまったことです。昨年は猛暑で牛乳の生産量が落ち込み、品薄に拍車をかける結果となりました。

 では、なぜ通常の食材のように、足りない分を事業者が輸入して需要を満たすことができないのでしょうか?
 
 その理由はバターが国家貿易の対象となっているからです。1993年に妥結した多国間貿易交渉(ガット・ウルグアイラウンド)によって、日本は、バターや脱脂粉乳といった指定乳製品を毎年一定量輸入しています。
 しかし、この輸入は、実質的に独立行政法人農畜産業振興機構が一元的に管理しており、各事業者が自由に輸入することはできないのです。

 バターを輸入する事業者は、あらかじめ同機構に登録を行い、輸入したバターは一旦、機構に売り渡す必要があります。機構はマークアップと呼ばれる内外価格調金を上乗せし、事業者は再び機構からバターを高い価格で買い戻し、これを市場に流通させているのです。

 わざわざ高い価格で買い戻すのは、国内の酪農家を保護するためです。輸入バターをそのまま流通させてしまうと、国内のバターが売れなくなってしまうため、高い値段でしか取引できないようにしているわけです。

nyugyu

独立行政法人の役割とは?
 酪農家を保護するためのこうした政策については、肯定・否定含めて、様々な意見がありますが、今回、品薄を引き起こした事とは直接関係ありません。品薄の主な原因は、内額価格を調整するために、同機構が輸入を一元的に管理している部分にありそうです。

 現在のやり方では、バターの輸入量やタイミングなどについて、すべて機構の方針に依存してしまいます。しかし所詮は役所ですから、民間企業のように機動的な判断や動きはできません。結果的に、需給動向をうまく把握しきれず、品薄を加速させた面は否定できないでしょう。

 農林水産省と機構は、従来の硬直的な輸入管理体制をあらため、定期的に輸入量の判断を行うことを決定しており、今回の追加輸入はこれに対応した措置ということになります。

 ただ、内外価格調整金を同機構が徴収し、独占的に貿易を管理するというやり方には構造的な問題がありそうです。さらにいうと、同機構はこうした措置によって一種の財源を得ていることにもなりますから、独立行政法人の存在意義という点でも疑問が残ります。

 今回の追加輸入で品薄がある程度解消されたとしても、根本的な問題が解決されたわけではありません。今回の一連の出来事をきっかけに、何のために農業政策というものが存在するのか、もう一度、考え直した方がよいかもしれません。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

chinahouchi
中国が目指す人治から法治への転換とは?

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談 …

tankichoki
長期的な戦略を持つことは、どの程度有効なのか?

 一般的に、長期的な視点に立って戦略を立案することはよいことだとされています。こ …

germanyzaiseisaiken
財政再建が進むドイツ。国債の新規発行がゼロに

 財政再建を進めるドイツが、とうとう新規の国債発行ゼロを実現できる見通しとなりま …

corporategabanansu
成長戦略に突然、コーポレートガバナンスが盛り込まれた理由

 安倍政権は2014年6月24日に新しい成長戦略を閣議決定しました。何度も何度も …

tauhaibox
ヤマトが荷物の取扱量抑制を検討。ネット通販業界に激震

  宅配便最大手のヤマト運輸が、荷物の取扱量抑制の検討を開始したことが話題となっ …

merukeruhounichu
ドイツの対日感情が悪化している理由

 ドイツのメルケル首相が7年ぶりに日本を訪問しました。安倍首相と首脳会談を行った …

asotaroshusendo
麻生大臣の「守銭奴」発言はどういう意味?

 麻生財務大臣の「守銭奴」発言が話題です。麻生氏は2015年1月5日、日本企業が …

noukyou
農協改革にはお金の視点が重要

 農協改革に関する議論がヤマ場を迎えています。基本的にはJA全中という中央組織が …

iryoumondai
海外で治療を受ける日本人が増える?

 国立感染症研究所の調査によって、7割の歯科が、歯を削る医療器具を厳禁せずに使っ …

zaiseijoutai
日本政府が抱える借金は大丈夫なの?

 財務省が抜本的な歳出削減に向けた動きを加速させています。背景には危機的といわれ …