加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

民間エコノミストの虚実。GDPの予想を2度も大きくハズした理由

 

 7~9月期のGDP(国内総生産)の数値をめぐって、ちょっとした混乱が起こっています。エコノミストの予想が連続して大きく外れており、市場が乱高下してしまったのです。

GDPは発表時期によって使用する統計が違う
 12月8日の日経平均は、前の週の金曜日に発表された米国の雇用統計が極めて良い数字だったことから、円安ドル高が期待され、寄り付き直後に1万8000円を突破しました。しかし、朝に発表されたGDPの改定値が、下方修正だったことから、一転して売られる展開となってしまいました。

 数値が下方修正されることはよくあることなのですが、今回、市場関係者が驚いたのは、エコノミストの事前予想が2度にわたって大きく外れたからです。

 1回目は11月17日に発表されたGDPの速報値に関する予想です。民間のエコノミストの多くは、年率換算した実質GDP成長率についてプラス2.4%程度と予測していました。しかしフタを開けてみると、まったく逆のマイナス1.6%という結果でした。数字のズレというレベルではなく、プラス成長かマイナス成長かという根本的な部分で正反対だったことから、市場ではちょっとした混乱となってしまいました。

 予想と実際の発表が大きくズレた原因は、在庫調整と設備投資です。

 GDPは通常、1次速報(速報値)が最初に出され、続いて2次速報(改定値)が出されます。7~9月期についていえば、11月17日に発表されたのが速報値で、12月8日に発表されたのが改定値です。

gdpyosou

民間エコノミストの予測には限界がある
 GDPというのは、直接計測するものではなく、各種の統計資料を使って作成する2次統計です。GDPを公表する時期によって、使用できる統計が異なるため、速報値と改定値で数字が変わってしまうことはよくあります。

 速報値の段階では法人企業統計などいくつかの統計が出揃っていませんから、これらについては、一定のルールに基づいて推定が行われます。
 在庫調整と設備投資に関する推定方法が、内閣府と民間では異なっていた可能性があり、これが両者の乖離を生み出す原因となった可能性が高いと考えてよいでしょう。

 民間エコノミストは、内閣府による速報値の発表後、そのデータを分析し、さらに12月1日に発表された法人企業統計の結果を組み合わせて、今度は改定値の予想を行いました。
 法人企業統計では、在庫はあまり変動がありませんでしたが、設備投資は思ったよりよい数値でした。このため多くのエコノミストが、設備投資を上方修正し、それによってGDPも上方修正する形となりました。

 ところが実際の数値はさらなる下方修正。今回の予想は固いと思われていただけに、下方修正が発表になると、市場で再び混乱が起こってしまったというわけです。

 内閣府は法人企業統計の数字をそのまま使うわけではありません。統計上生じる誤差を調整するために様々な加工を行いないます。このルールが民間側と内閣府ではやはり異なっていたようです。
 また今回の改定値では、公共事業も下方修正されているのですが、これは過去に遡ってデータを修正した結果として、伸び率が変わってしまったものと考えられます。

 筆者はこのコラムで、いかにエコノミストの予想が当たらないのかエラそうに指摘しているワケですが、実は筆者も今回は上方修正されると予想していましたから、やはり大ハズレでした。筆者はエコノミストではありませんから、GDP予想が専門ではありません。しかしながら、予想を外してしまったことは事実です。

 やはり公開前に得られるデータだけから、完璧にGDPを予測するのはかなり難しいようです。特に今のように、状況が複雑な時は尚更です。エコノミストの予想は、そもそも、このようなものであることを前提に付き合った方がよさそうです。

 - トピックス, 経済 , ,

  関連記事

toyotagyoseki
トヨタ自動車の業績が絶好調な理由

 円安の進行でトヨタ自動車の業績が絶好調となっています。一方で、輸入物価の上昇や …

abedanwa70
安倍首相の戦後70年談話の中で、もっとも注目すべきポイントは?

 安倍首相が戦後70年談話を発表しました。注目されていた歴史認識問題については「 …

facebooksoud001
フェイスブックの音解析サービスがもたらすインパクト

 SNS大手のフェイスブックは2014年5月21日、スマホのマイクを使って周囲の …

ionokayaka
都市型イオンモールが地方創生のカギになる?

 安倍政権における重要課題のひとつである、地方創生が徐々に動き始めています。先の …

robottoken
ロボット犬をめぐる真実

 米国のベンチャー企業が開発したロボット犬の動画が話題になっています。社員がロボ …

uramari
甘利大臣の辞任で注目のUR。日本の財政問題との関係性

 甘利経財相が、自らの金銭問題の責任を取って閣僚を辞任しましたが、今回の騒動から …

kaigohoken
介護離職ゼロ目標で顕在化する、日本の社会保障制度と経済政策の矛盾

 安倍政権が「1億総活躍社会」の実現に向けて「介護離職ゼロ」という野心的な目標を …

obama20140917
オバマ大統領が嫌々イラク関与を決断。今後の米経済にも影響?

 米国のオバマ大統領は、これまでの方針を転換し、イラクとシリアで勢力を広げるイス …

yaji
都議会ヤジ問題で筆者が絶望的な気分になる理由

 先日、東京都議会のヤジが大きな問題となりました。都議会としては、「信頼回復を目 …

waitsuzeka
「ドイツに見習え論」の本当の意味

 ギリシャ新政権によるEUとの債務問題の交渉において、ギリシャ側が、突如、ドイツ …