加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

日本のガソリン価格は下がりにくい?

 

 米国では、原油安によってガソリン価格が大幅に下落し、消費が活発になっているようです。日本でも、ガソリン価格は値下がりしているのですが、それほど大きく下がった印象はありません。その理由は、ガソリンの価格に占める税金の割合にあります。

日本のガソリン価格の4割は税金
 このところ原油価格は、シェールガス開発による供給過剰と世界経済の不透明感から大きく下落しています。ここ3カ月の間に、原油価格は約25%も安くなりました。

 米国の平均ガソリン価格(レギュラー)は3カ月前は1リッターあたり108円程度でした。しかし現在では88円まで値下がりしています。約19%の値下がりですから、原油価格の下落をかなり反映しているといってよいでしょう。
 一方、日本の平均ガソリン価格は3カ月前には、1リッターあたり168円、11月末時点では158円となっています。日本はガソリンの絶対値も高いのですが、値下がり幅が小さく約6%しかありません。

 この違いが生じる理由は、ガソリンのコスト構造にあります。

 日本ではガソリンに対して多額の税金がかけられており、ガソリン価格のうち、原材料である原油が占める割合は4割程度しかありません。残りの4割は、揮発油税や関税などの各種税金、2割は精製・流通コストとなっているのです。原材料コストは4割ですから、ここが大きく下がっても、全体に対する影響は限定的となってしまいます。

 さらに日本の場合、円安も影響しています。日銀による追加緩和の発動で、円安がさらに進行しています。原油のほとんどは輸入されますから、いくら原油価格が安くなっても、円安が進むとそれが相殺されてしまうわけです。

 これに加えて原油の調達時期の問題があります。日本は石油が取れませんから、石油元売各社は買い付けた石油をすぐに流通には回さず、一定量の備蓄を行います。つまり、今、出回っているガソリンが、原油価格が安くなってから調達した原油で作られているとは限らないのです。
 最終的にすべてのガソリン価格に原油安が反映されるまでには、かなりのタイムラグがあると考えた方がよいでしょう。

gasstation

消費者が原油安の恩恵を感じ取るのは少々難しい
 米国は、GDPの7割が個人消費で占められており、個人の可処分所得の大きさは経済成長に直結します。原油価格が下がればガソリン価格が下がり、これは消費者の可処分所得を拡大させます。

 原油安は石油業界にとってはマイナスですが、米国経済全体にとってはプラスの影響が大きいのです。原油安が経済にプラスというのは日本も同じですが、ここまで見てきたように、日本の場合には、消費者がその恩恵を実感しにくい構造となっています。

 日本では、原油価格の下落が、エネルギーコストの低下や原材料コストの低下につながってきて、はじめて企業におけるメリットが顕在化してきます。企業にゆとりがでてきて初めて給料が上がるといったプラス効果が見えてきますので、消費者がそれを実感できるまでにはかなりの時間がかかるのです。

 また企業はエネルギーコストが下落しても、それを賃金にはまわさず、まずは業績向上のために振り向ける傾向が強くなっています。場合によっては、原油安の効果が消費者には到達しないケースもあり得るわけです。

 さらにいえば、原油安メリットも円安が過度に進んでしまうと、すべて相殺されてしまいます。円安が進めば輸入物価が上昇してデフレ脱却は進みますが、賃金があまり上がらないと消費者の生活は逆に苦しく感じられてしまうでしょう。
 今の状況では原油安の恩恵を直接、消費者が感じ取ることは難しいかもしれません。

 - トピックス, 経済 ,

  関連記事

hondajet
ホンダのジェット機参入は成功するか?

 ホンダは2014年5月20日、同社のグループ企業が製造する小型ビジネスジェット …

siawasebhutan
「心が豊か」という人が増加している背景には何がある?

 「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増しているそうです。一方で「努力して …

pikechirg
ピケティのr>gで得をしているのは実は庶民?

 ピケティの資産格差に関する話題が、まだまだ盛り上がっているようです。本コラムで …

ai brain
人工知能はビジネスに何をもたらすか?

 人工知能の開発に力を入れている米IBMが、同社の人工知能「ワトソン」の本格的な …

linemorikawa
LINE森川社長退任から考える会社の支配権

 無料通話チャット・アプリLINEの森川社長が突然、退任することになりました。本 …

kaigohoken
介護離職ゼロ目標で顕在化する、日本の社会保障制度と経済政策の矛盾

 安倍政権が「1億総活躍社会」の実現に向けて「介護離職ゼロ」という野心的な目標を …

kokunaikoujo
このところ企業の設備投資が活発になっている理由

 景気の先行きについてさらに明るい材料が出てきました。内閣府が2015年6月8日 …

chosakuken
コンテンツのパクりをめぐる議論から見えてくるもの

 ブロガーのイケダハヤト氏が書いた「コンテンツを「パクる」のは、なぜいけないの? …

yaji
都議会ヤジ問題で筆者が絶望的な気分になる理由

 先日、東京都議会のヤジが大きな問題となりました。都議会としては、「信頼回復を目 …

kakusanichibei
米国の格差問題と日本の格差問題

 米国経済は順調な回復を見せていますが、一方で、富の格差がなかなか縮小しないとい …