加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

御嶽山被害をめぐる勝間バッシングから見えてくる、日本の問題点

 

 御嶽山の噴火によって多くの死者が出ていることについて、経済評論家の勝間和代氏がバッシングされているようです。この現象は、日本社会が何度も陥り、そしていつまでたっても改善できない、ある問題点を浮き彫りにしています。

日本社会ではなぜか理解されないラインとスタッフの違い
 勝間氏がバッシングされているのは、彼女が民主党政権時に行われた事業仕分けに「仕分け人」として参加し、火山観測事業に対するムダを指摘したことが、御嶽山を観測対象から外すことにつながったとツイートされたからです。

 しかし報道によると、御嶽山の観測予算が減っているのは事実ではあるものの、24時間監視は今も続けられており、事業仕分けによって御嶽山が観測対象からはずれたわけではないということです。

 しかし筆者が問題にしたいのはそこではありません。仮に勝間氏の指摘がきっかけで御嶽山が監視対象からはずれ、今回の悲劇を招いたとしても、勝間氏には何の責任はありません。
 というよりも、勝間氏に責任を問うという考え方は、逆に勝間氏の立場を過剰に持ち上げることにもつながってしまうものであり、好ましいこととはいえません。

 官庁や企業などの組織には、ラインとスタッフという明確な約割分担があります。ラインは業務に対する指示を出すための系統で、基本的に意思決定はすべてライン上で行わなければなりません。一方スタッフは、ライン上にいる責任者に対して、専門的な見地からアドバイスをする人です。

 スタッフの人は、専門知識を持った人ですが、あくまでアドバイザーに過ぎません。最終的な決定はすべてライン上の人が行い、その責任はすべてライン上の人が負います。そうであるからこそ、スタッフの人は、専門知識に基づいて独自のアドバイスができるわけです。

 さらに政治の場となれば、重要事項の決定については官僚が行うことすらできません。ましてや、外部の有識者である仕分け人などに物事を決定する権利や責任などがあってはならないのです。

 もし事業仕分けの結果、何らかの問題が発生した時には、その責任のすべては国民から選ばれた政治家が負わなければなりません。政治家は、国民から選ばれ、政治における最終責任を負う立場であるからこそ、国民から一定の敬意を持って処遇されるわけです。

 それを外部のアドバイザーが物事を決めたかのように扱うのは、政治家に対する冒涜であり、一方、勝間氏に対する過剰な評価といえるでしょう。

katsumawebsite

背景には学歴エリートに対するコンプレックスが?
 事業仕分けの結果については、その責任は100%民主党の政治家が負うべき問題であり、所詮アドバイザーに過ぎない勝間氏には、そもそも問題に対して関与する権利などないわけです。

 しかし、日本ではこうしたアドバイザー的な立場の人が、あたかも物事を決めるかのような風潮があり、これによって責任の所在がはっきりしなくなるという失態を何度も繰り返してきました。
 本来、ただのアドバイザーに過ぎない陸軍のエリート参謀が実質的に意思決定を行ってしまい、日本を壊滅寸前に追い込んでしまった太平洋戦争などはその典型例といえるでしょう。

 こうした間違いが起こるのは、リーダーやライン上に立つ責任者に当事者意識が欠如していることや、国民の中に学歴エリートに対するコンプレックスがあることが原因の一つと考えられます。

 通常、スタッフの職に就く人は、専門知識を持った人ですから、いわゆる学歴エリートが多くなります。勝間氏もそういうカテゴリーに入る人物でしょう。しかし彼等は専門知識を持った人間でしかなく、意思決定を任される立場ではありません。

 彼等の発言はあくまで専門家の立場での発言として参考程度にとどめておくという姿勢がリーダーには求められます。最終的な意思決定は、アドバイザーが何を言おうと、リーダーが行うしかないのです。政府の場合には最終的な意思決定者は国民ですから、私たち国民ひとりひとりにも同じ態度が求められるわけです。

 しかし、学歴エリートに対するコンプレックスがあると、彼等の意見をただの参考意見としては扱えなくなります。必定以上に有り難がったり、逆にうまくいかないとなると、猛烈にバッシングしたりしてしまいます。

 学歴エリートに対するこのようなアンビバレントな感情がある限り、企業や国家の運営において再び大きな過ちをおかすことになってしまうでしょう。

 - トピックス, 政治, 社会 , ,

  関連記事

googlecar
グーグルの事故から考える自動運転車の安全性

 グーグルの自動運転車が事故を起こしていたことが明らかとなり、あらためて自動運転 …

robottoken
ロボット犬をめぐる真実

 米国のベンチャー企業が開発したロボット犬の動画が話題になっています。社員がロボ …

hoikuen
「保育園落ちた」問題で分かる、日本における危機感のなさ

 「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログの書き込みから、待機児童の問題が再び …

gasstation
日本のガソリン価格は下がりにくい?

 米国では、原油安によってガソリン価格が大幅に下落し、消費が活発になっているよう …

uramari
甘利大臣の辞任で注目のUR。日本の財政問題との関係性

 甘利経財相が、自らの金銭問題の責任を取って閣僚を辞任しましたが、今回の騒動から …

biruyakei
日本で長時間労働がなくならい本当の理由

 電通の過労自殺事件をきっかけに日本人の働き方が議論の的となっています。こうした …

amazonhaiso
宅配事業者が不必要となる?米アマゾン新サービスのインパクト

 米アマゾンが、宅配事業者ではなく個人に商品配送を依頼することについて検討してい …

zaiseijoutai
日本政府が抱える借金は大丈夫なの?

 財務省が抜本的な歳出削減に向けた動きを加速させています。背景には危機的といわれ …

siromonokaden
個人消費が急激に落ち込んでいる

 このところ個人消費の勢いが急激に低下しています。エコノミストは駆け込み需要の反 …

keidanren
経団連が政治献金を再開した背景

 経団連は、これまでの方針を転換し、政治献金を再開する方針を明らかにしました。経 …