加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

米国人はテキトーに仕事をしているのになぜ生産性が高いのか?

 

 日本人ビジネスマンの仕事の仕方と、米個人ビジネスマンの仕事の仕方をコミカルに比較したYouTubeの動画がネットで話題になっているようです。

 日本人はデスクできちんとした姿勢で座り、電話に出るとペコペコ頭を下げながらしっかりと対応しています。一方、米国人は椅子にふんぞり返り、ダルそうに仕事をして、電話が来るとランチを食べてから対応するといって電話を切ってしまいます。

 これには相当、誇張が入っていますし、会社や人によって状況は様々なわけですが、あながち間違ってはいません。多くの米国人は仕事がかなりテキトーですし、細かいところは気にしないというか、非常に雑です。

 しかし、日本と米国を比べると圧倒的に米国の方が生産性が高いのです。この事実はどう考えればよいのでしょうか。

 生産性は、簡単に言えば、投入した労働量に対してどれだけの生産量を実現したのかという数字です。同じ生産をより短時間で、より少ない人数で実現すれば生産性は向上しますし、逆に同じ人数や労働時間であれば、生産量を増やせばやはり生産性は向上します。

 つまり、米国は日本よりも生産量が多いのか、短時間・少人数で同じ仕事を行っているのかのどちらかということになります。おそらく、その両方でしょう。

 米国は社会全体として、付加価値の低い産業を国内に残しません。自動化できるものや、途上国にアウトソースできるものは、ドンドン外に出してしまいます。

 また、意味のない作業はほとんどやりません。日本では、何故その作業があるのか分からなくても、前からやっているという理由でマジメに継続したりしていますが、米国ではそのようなことは、ほとんどないと考えてよいでしょう。

 付加価値の低いものはすべて外に出し、自分達はより付加価値が高く、成果の大きいものに集中するわけです。ドイツもやはり同じような傾向があり、日本よりも非常に高い生産性を実現しています。

 会社が余剰な人をほとんど抱えないことも影響しています。常に最大のアウトプットを最小の労力で実施するのが基本ですから、長時間労働はあまり推奨されません。極論すると、ダラダラ残業しているようではクビになってしまうわけです。

 この結果、一見テキトーに仕事をしているように見えても、日本よりも稼いでいるというわけです。

sigotosinaiojisan

結局は終身雇用を維持するのかどうかの問題
 日本では最近、働かないオジサンというのが社会問題になっています。中高年の社員で実質的に仕事がない人がたくさん出てきているという話です。

 日本の場合、新卒採用で終身雇用が大前提です。以前は事業のパイが拡大していましたら、大量の新人を入社させ、ピラミッドの形を維持することができました。

 しかし最近は事業が拡大しませんから、大量の新人を雇えません。一方、若い社員と同じように高齢社員を働かせることも不可能です。かといって、中高年社員の全員が戦略を練るなどの高度な管理職業務に従事できるわけでもありません。

 その結果、働かないオジサンが増えてくるという仕組みです。しかし、これは日本企業の構造的な問題であり、終身雇用を放棄しない限り、解決は難しいのです。

 おそらく日本企業の生産性が低いのは、こうした状況が影響していると考えられます。

 日本はすでに先進国であり成熟国ですから、本来であれば、付加価値の高い仕事だけに特化して、効率のよい働き方ができるはずです。

 しかし、従来の雇用環境の維持を優先した結果、現在のような状況となっています。安倍政権は企業に賃上げを求めているにもかかわらず、なかなか実現しないのも同じような理由と考えてよいでしょう。
 賃金を上げるにはどうしても生産性を向上させる必要があるのですが、日本の雇用環境がこれを邪魔してしまいます。

 - ビジネス, 文化, 経済 ,

  関連記事

FRANCISCUS
宗教上の価値観さえも変容させるネット社会のインパクト

 ローマ法王庁は2014年12月6日、バチカンの不動産売却に関連した不正疑惑に関 …

kekkonsiki
日本の伝統って?

 前回のコラムでは、東京で不動産取引が活況を呈しており、その中で、バブル経済に翻 …

kiensu
キーエンスの平均年収が1300万円から考える営業という仕事の本質

 日本を代表する計測機器メーカーであるキーエンスの創業者、滝崎武光氏が、会社設立 …

46gdpmainasu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。来期の数字でアベノミクスの成否が決まる?

 2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値は、市場の予想通りマイナス成長 …

sukaimaku
日本の空はどうなっている?

 このところ日本の航空業界でネガティブな出来事が続いています。日本の格安航空会社 …

toshokanban
野村証券、定年延長の背景にあるのは投資家の高齢化?

 証券業界大手の野村証券が、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延 …

gglesb
グーグルとソフトバンクの提携から儲けのヒントを考える

 ネット企業の巨人、米グーグルの周辺が騒がしくなっています。日本のソフトバンクと …

mrjphoto
三菱が社運をかけるMRJで日本のもの作りは復活するのか?

 半世紀ぶりの国産旅客機となる三菱重工のMRJ(三菱リージョナルジェット)がとう …

blackfriday
米国の感謝祭セールを見れば来年の景気が分かる?

 米国では感謝祭を迎えたことで、いよいよ年末商戦のシーズンに突入しました。米国の …

ongakuchosakuken
エイベックスがJASRACから離脱。音楽著作権管理は多様化が進む?

 音楽著作権の世界が少し騒がしくなっています。日本では、長年にわたって日本音楽著 …