厚生労働省、統計不正問題を分かりやすく解説

 厚生労働省の統計不正問題について、可能な限り分かりやすく解説しました。
 本来、全数調査すべきところを勝手にサンプル調査に切り替え、補正措置も忘れていたというのが不正の概要です。その後、どういうわけか、2018年だけを補正するという措置を実施したため、2018年の賃金が過度に上昇する結果となりました。一部の識者はこれを政権への忖度であると批判しています。