加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

ソフトバンク孫社長に見るリスクの取り方

 

このところ、日本企業による海外の超大型買収が相次いでいます。なかでも目を引くのは、ソフトバンクによる米国第3位の携帯電話会社スプリントの買収と、サントリーによる米ビーム社の買収でしょう。

ソフトバンクはこの買収に2兆2000億円、サントリーは1兆7000億円を投じています。非常に思い切った決断なのですが、この二つの買収は、本質的に全く異なっています。リスクを取るということはどういうことなのかを理解する上で非常によい教材といえるでしょう。

ソフトバンクはリスクを取った

このふたつのケースで、本当の意味でリスクを取っているのはソフトバンクの方です。

スプリント社は全米3位の携帯電話会社で3兆4000億円ほどの売上高がありますが、1位のAT&Aは12兆円、2位のベライゾンは11兆円の売上高があり、スプリントは2社に大きく水をあけられた状態にあります。

しかも、2007年以降、6期連続の赤字で経営状態はボロボロです。スプリントは、旧スプリント社と旧ネクステル社が合併して出来た会社なのですが、この融合がうまくいかず、特に旧ネクステル側の顧客の解約が続いている状態だったのです。

しかし、ソフトバンクの孫正義社長はここに目を付けました。ネクステル側の解約が一段落し、膿を出し切ってしまえば、追加の設備投資を行って成長軌道に乗せられると考えたわけです。

softbanksprint02

携帯電話事業というのは、最初に巨額の設備投資が必要なので、非常にハードルが高いビジネスなのですが、顧客数がある一定のレベルを超えると、そこから先はすべてが利益となるという特徴があります。復活した時の利益は極めて大きいのです。

スプリントの場合、経営が改善すればもう1社を買収することで、一気に2位のベライゾンに近づくというオプションが残っています。

経営を改善させることができるのかは、やってみなければわかりません。

うまくいかない可能性もありますが、うまくいった時には極めて大きな利益をもたらす可能性があり、ここはリスクを取る価値が十分にあるわけです。この買収が成功するのかはともかくとして、孫社長はリスクの取り方に関してはやはり天下一品です。

サントリーの買収案件はソフトバンクとは異なる

一方、サントリーの買収は少し様子が違います。ビーム社は、有名ブランドのウイスキー「ジムビーム」などを展開する米国のウイスキー大手です。米国の酒類のマーケットは巨大で、かつ極めて安定しています。よほどのことがない限り、こうした会社の経営が傾くことはありません。

しかし、安定的なビジネスですから、買収によって莫大な利益を得られるわけではありません。今回の買収金額は、ビーム社の1年間の利益の42倍もの水準です。計算上は42年経たないと、買収資金を回収できないわけです。

サントリーがそれでもこの企業を買収したのは、大きな利益を得るためというよりは、グローバルな事業基盤を買うためと考えられます。

日本は人口が減少しており、国内市場は小さくなるばかりです。資金のあるうちに、グローバルに展開する安定的な企業を買収し、ゆくゆくは、そこにサントリーの事業全体の軸足を移していくつもりかもしれません。

つまり、ソフトバンクのように、大きなリスクを取って、大きな利益を得ようとした案件ではないのです。今回の2社を比較して、ソフトバンクの買収が無謀だという声もありますが、そもそも同じ土俵で比較する対象ではないと考えるべきです。

不動産に例えるなら、問題のある住人がいることで、多くが空き家になってしまったマンションをまるごと買収するのか、都心の高級物件を買うのかという違いです。

問題のあるマンションはうまくテナントを入れ替えれば、莫大な利益をもたらします。

一方、都心の高級物件は値下がりもしませんし、テナントもすぐ確保できますが、何しろ買値が高いので、資金を回収するには何十年もかかります。

両者は同じ不動産でも、まったく異なった投資対象なのです。

 - テクノロジー, トピックス, ビジネス, 投資 ,

  関連記事

ventresien
政府のベンチャー支援策がうまく機能しない理由

 政府の新しい成長戦略がまとまりました。安倍首相は昨年、米国での講演において「日 …

hodostation
元官僚のコメンテーター番組降板論争の捉え方

 「報道ステーション」の番組出演をめぐって、キャスターの古舘伊知郎氏とゲストコメ …

1500en
時給1500円を要求するデモから見えてくる光景

 ファストフード店などで働く人の賃金アップを求めるデモが東京など30都市で行われ …

koshojutu
「粛々と」は上から目線?使わない方がよい言葉とは

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐって「粛々」という言葉が物議を醸しています …

joseishacho
日本でも女性社長が増加しているが・・・

 安倍政権では成長戦略として女性の活用を掲げています。これが具体的な成果になるの …

robottoken
ロボット犬をめぐる真実

 米国のベンチャー企業が開発したロボット犬の動画が話題になっています。社員がロボ …

merubin02
ヤマト運輸のメール便廃止から考える、日本の「法」に対する考え方

 郵便事業における信書の扱いをめぐって、ヤマト運輸と政府がバトルを展開しています …

shapuhonsha
シャープが再び赤字転落。政府による産業支援策が遠因?

 業績が回復していると思われていたシャープが再び苦境に立たされています。黒字予想 …

ebola
エボラ出血熱、被害の実態とナイジェリアで感染拡大を防げた理由

 西アフリカを中心に猛威を振るっているエボラ出血熱ですが、先進国での2次感染が警 …

shohishabukka
消費者物価指数があまり上昇していないのに、物価高になったと感じる理由

 このところ、インスタント食品、お菓子、バターなど、生活必需品が次々値上げされて …