加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

日本の若者はネガティブ思考?

 

 日本の若者は、諸外国と比べて自己を否定的に捉える傾向が強く、自分自身に満足している割合がもっとも低いという内閣府の調査結果が話題になっています。

 これは、内閣府が2014年6月3日に公表した2014年版「子ども・若者白書」に掲載されてたものです。
 白書では毎年、テーマを設定したうえで大規模な調査を実施しているのですが、今年のテーマは若者の意識です。日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデンの7カ国の若者を対象にした意識調査を行い、その結果を分析しています。

基本的に日本の若者は後ろ向き
 それによると、自分自身に満足しているという若者の割合は、日本は45.8%と7カ国中最低でした。トップは米国で86.0%、2位はフランスで82.7%です。

 自分には長所がある、うまくいくか分からないことにも意欲的に取り組む、といった指標でも日本はやはり7カ国中最低となっています。さらに、つまらないと感じたことがある、憂鬱だと感じたことがある、という若者の割合は7カ国中で断トツのトップでした。

 基本的に日本の若者は自己に対して否定的で、後ろ向きであるようです。

 このような結果が出たからといって、日本人が本当にネガティブなのかどうかは分かりません。日本人はこうしたアンケートに対しては、匿名であっても、周囲の目を気にして、本心とは違うことを書く可能性があるからです。

 OECDが行った調査では、日本人は自分のことを不健康だと考える割合がもっとも高いという結果も出ています。日本は断トツの長寿国ですが、自身のことは極めて不健康だと考えているのです。やはり全体的には、自らを否定的に考える傾向が強そうです。

wakamonohikan

教育環境の影響は大きいか?
 こうした思考回路は、生まれつきのものなのか、後天的なものなのかは、実はよく分かっていないのですが、教育環境がそれなりに影響している可能性は高いといってよいでしょう。

 日本の学校や地域社会では、ハキハキと自己主張するタイプの子はあまり評価されません。周囲の様子を伺いながら、控え目に行動している方が安全であり、こうした習慣は小さい頃から徹底的にたたき込まれます。

 周囲が同じような人ばかりが集まっている同質的なムラ社会では、こうした行動習慣はむしろ望ましいものといえるかもしれません。

 しかし、人種、宗教、言語、文化など、異なるバックグラウンドを持つ人がぶつかり合う現代社会では、周囲の様子をうかがってばかりの人材では、大きな成果を上げることはできません。

 日本では理解よりも共感が求められますが、それはむしろ反対です。自分と異なる人に共感する必要はまったくありませんが、相手を理解し、交渉したうえで必要に応じて受け入れるという能力は必須となります。

 こうした行動ができる人材を育てるには、やはり自身の考えをしっかりと主張し、一方で他人の意見を聞く訓練が必要となるでしょう。こうした訓練を積んでいけば、自己に対する評価もおのずと変わっていくと考えられます。

 - トピックス, ライフ, 文化, 社会 ,

  関連記事

5goukan
官僚の能力が落ちている?

 派遣労働が常態化するとして、メディアでも議論の対象となっていた労働派遣法の改正 …

toyodaakio
トヨタが税金を払っていないという話題から見えてくるもの

 トヨタ自動車が過去5年間法人税を払っていなかったことが大きな話題になっています …

zangyodai
営業マンも残業代ゼロ?労働基準法改正案のポイント

 会社での働き方や残業代の支払いが大きく変わりそうです。労働基準法の改正案が3日 …

bonbonkyoso
ボンボンなりの競争が必要

 前回は適切な競争環境がないと、コネ社会をさらに助長してしまうという話をしました …

baeikyu
中国と台湾の接近路線が見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で敗北した責任を取り、国 …

hodostation
元官僚のコメンテーター番組降板論争の捉え方

 「報道ステーション」の番組出演をめぐって、キャスターの古舘伊知郎氏とゲストコメ …

yarigai
日本のビジネスマンが仕事にやりがいを感じない理由

 日本のビジネスマンは、転職に消極的である一方、現在の仕事に対する満足度も非常に …

kaisanbanzai
衆院解散の「バンザイ」をめぐる考察

 2014年11月21日、とうとう衆議院が解散となりました。解散詔書が読み上げら …

ijigenzaisei44
消費増税再延期のインパクト。日本の財政は未知の領域に入った

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税増税の再延期を決定しました。再延期を実 …

kabunusikangen
企業による株主への利益還元策が活発化している理由

 このところ、企業の利益を株主に還元しようという動きが活発になってきています。日 …