加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

為替市場で円安が進行。超長期的なトレンドがとうとう転換?

 

 為替市場で円安が加速しています。2015年5月28日には、大きな節目である1ドル=124円14銭を突破しており、長期的なトレンドが変化したと認識する投資家が増えてくると予想されます。為替市場は歴史的な転換点を迎えているのかもしれません。

歴史的節目をあっという間に超えてしまった
 今回の円安は何か大きなイベントをきっかけに相場が動き出したわけではありません。そろそろ為替が動き出すのではないかと多くの投資家が考えていたところに、複数の材料が重なってしまったことで、皆が一斉に動き出したことが原因と思われます。

 大きな流れとしては、多くの投資家が円安ドル高基調であると考えていました。マクロ的に見れば米国経済は好調であり、近い将来、利上げが行われることが確実だからです。

 しかし厳冬や港湾ストなどの影響から、1~3月期のGDPは年率換算でプラス0.2%とあまりパッとしない結果に終わりました。このため、一部の市場関係者は、米国の成長は踊り場に差し掛かっており、短期的には円高に戻ると考えていたようです。
 つまり中長期的にはドル高でコンセンサスが取れているものの、短期的にドル安になるという見通しと、このままドル高が継続するという見通しが交錯していたわけです。

 このため、ドル円市場は1ドル=120円前後を行き来するボックス圏相場が続いていました。テクニカル的にはいわゆる三角持ち合いという状況なのですが、経験則的に三角持ち合いが終了すると、上下どちらかに振れる可能性が高いとされています。
 値動きは小さいですが、チャート的にはそろそろ持ち合いが終了するタイミングだったことから、為替が動き始めるのではないかとの警戒感も高まっていたのです。

 こうしたところに、FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が年内利上げの可能性に言及し、設備投資や住宅販売など米国経済の堅調さを示す指標が発表されました。さらに日本の貿易統計が再び赤字に転じるなど、ドル高を想起させるニュースが相次ぎ、これによって投資家が一斉に動き出したものと考えられます。

 為替が急に円安に動いてしまうと、円高方向を前提にポジションを組んでいたファンドは一気に損失が拡大することになります。
 損失を最小限に食い止めるため、慌てて反対売買の決済を行うことになりますから、ますます円安が加速してしまいます。このため、突破までに時間がかかると思われていた1ドル=124円14銭をあっという間に超えてしまったわけです。

yenyasutrend

超長期的な円安トレンドの始まりが意識される
 124円14銭という数字が強く意識されてきたのは、ここを超えると、長期的なドル円相場のトレンドが大きく転換したサインになると考えられていたからです。

 ドル円相場は、1973年に変動相場制に移行して以来、一貫して円高ドル安が続いてきました。円高が進むとその反動で一時的に円安になりますが、85年以降は、前回の円安を超えたことは一度もなく、円高がどんどん進んでいったわけです。

 直近でもっとも円安となったのは、2007年6月に付けた1ドル=124円14銭なのですが、これまでのパターンが続くのであれば、今回の円安でも、この水準は突破しないことになります。ところが市場はやすやすとこの水準を突破してしまいました。これは、30年近く続いた長期的な円高トレンドが大転換した可能性を示唆しています。

 長期的に見ると、為替は二国間の物価水準と高い相関性があります。日本のインフレがさらに進むようであれば、為替は間違いなく円安に向かう可能性が高いですが、日本のインフレ率は低迷しており、物価が急上昇するという環境ではありません。

 しかし、為替レートと現実の物価水準はニワトリと卵です。為替レートが円安に振れることで輸入物価が上昇し、現実にインフレが進行して円安を正当化するという流れになる可能性は十分にあります。
 そろそろ本気で、超長期的な円安に備えることが必要なタイミングなのかもしれません。

 - 投資, 経済 , , , ,

  関連記事

kyuyomeisai002
賃金は物価に追い付くのか?

 昨年の春闘では、民間主要企業において2.19%の賃上げとなりました。2%を超え …

tokyofudousan
活況を呈する東京の不動産取引。果たして実需はあるのか?

 このところ、東京の不動産取引が活況を呈しています。量的緩和策によるインフレ期待 …

zaiseimerukeru
日本が各国に財政出動を説得するのはリスキー

 各国が協調して財政出動を実施するよう、安倍首相が各国首脳を説得しています。伊勢 …

pccw
すでにバブル?活況呈する東京の不動産市場はいつまで続くのか?

 先日、日本の不動産市場を象徴する大型物件の売買が成立したとの発表がありました。 …

yugatafed
FRBが利上げ見送り。今後の政策オプションを狭めてしまった可能性も

 FRB(連邦準備制度理事会)が9月の利上げを見送りました。年内利上げは既定路線 …

kakusanichibei
米国の格差問題と日本の格差問題

 米国経済は順調な回復を見せていますが、一方で、富の格差がなかなか縮小しないとい …

kejidousho
高価な軽自動車が出てくる理由は「日本経済」

 このところ、価格の高い軽自動車が目立つようになっています。中にはフル装備すると …

germanyzaiseisaiken
財政再建が進むドイツ。国債の新規発行がゼロに

 財政再建を進めるドイツが、とうとう新規の国債発行ゼロを実現できる見通しとなりま …

euridatsu
欧州の天地は複雑怪奇。英国がEUを離脱しても、実質的には残るという選択肢もアリ?

 英国のEU(欧州連合)離脱の是非を問う国民投票が2016年6月23日に実施され …

corporategabanansu
成長戦略に突然、コーポレートガバナンスが盛り込まれた理由

 安倍政権は2014年6月24日に新しい成長戦略を閣議決定しました。何度も何度も …