加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

カメラマンに対する旅券返納命令と再発行をどう考える?

 

 外務省は、パスポートの返納を命じた新潟市のフリーカメラマンについて、渡航先を制限した新たなパスポートを発給することを検討しているそうです。

 今回の一連の騒動は、個人の行動の自由を国家がどこまで制限できるのかという問題を提起しました。日本はまだ前近代的なムラ社会の慣習が色濃く残っており、100%近代国家になりきれていないところがあります。これをきっかけに、国家とはそもそもなぜ形成するのかについて考えてみるのもよいでしょう。

民主国家の原理原則で考えると
 外務省は今年2月、過激派組織イスラム国が勢力を拡大しているシリアへの渡航を計画していたフリーカメラマン・杉本祐一氏に対し、安全が確保できないとして、渡航を自粛するよう要請しました。

 しかし杉本氏が納得しなかったことから、旅券法に基づきパスポートの返納を命じ、強制的に回収しました。杉本氏は自由な取材ができなくなるとして、これに反発しています。

 杉本氏の行動や外務省の措置については、様々な意見が出ています。個人の勝手な行動は国家が制限すべきだという声もありますし、パスポートを取り上げるという措置は基本的人権を侵害しているという主張もあります。

 まず原理原則からいうと、民主国家の場合(中国や北朝鮮など非民主国家の場合には事情が異なります)、移動や居住の自由が保障されなければなりませんから、原則として国家が個人の渡航を制限することについては、極めて抑制的であるべきです。

 民主国家という存在は、理屈上、個人の行動は原則自由であるという価値観を持った人だけが集まって、国家を形成したものですから、そもそも、自由という価値観が根本的なアイデンティティとなっているわけです。

passport

なぜ国家というものを形成しているのか?
 これに対して、独裁政権や共産政権などは、個人は基本的に自由ではないという価値観で国家が形成されていますから、根本的に考え方が異なります。
 日本は以前は違っていましたが、今はれっきとした民主国家ですから、すべてはここを基準に物事を考える必要があるわけです。

 しかしながら、いくら個人の自由といっても、紛争地域や敵対国などに足を踏み入れることで、国民全体の利益が侵害されるケースもあります。
 そのような場合には、個人の行動に対して、ある程度の制限がかけられてもやむを得ないという考え方も成立するでしょう。最終的には、このバランスでどうするのかで、対応が決まるわけです。

 しかし、原則として自由が認められず状況に応じて許可されるのと、原則自由で、状況によって制限されるのとでは、天と地ほどの違いがあります。

 こうした視点で考えてみると、パスポートを強制的に返納させた当初の外務省の措置には問題があります。外交問題を複雑にしたくないという、事なかれ主義の結果、もっとも安易な方法を決断したとみなされても仕方ないでしょう。

 今回、外務省が検討している措置は、原則自由でシリアなどへの渡航は制限するというものですから、前回の措置に比べると、かなり前進しています。
 民主国家としてはここがスタート地点となりますから、杉本氏のシリアへの渡航が妥当なのかは、ここから大いに議論すべきでしょう。

 - トピックス, 政治 , ,

  関連記事

nsa
NSAの情報収集を制限する米国自由法が成立。安全保障と個人の自由の関係はどうなる?

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …

netriterashi
ネットにハマっている人ほど、ネット・リテラシーが低いという矛盾

 総務省が高校生を対象に行ったネット・リテラシーの調査結果は非常に興味深いもので …

kyosantojomuin
中国主導のアジア金融システムとどう付き合うか?

 アジア地域の新しい金融システムをめぐってちょっとした事件がありました。英国の財 …

chinahouchi
中国が目指す人治から法治への転換とは?

 安倍首相は2014年11月10日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で会談 …

wakamonohikan
日本の若者はネガティブ思考?

 日本の若者は、諸外国と比べて自己を否定的に捉える傾向が強く、自分自身に満足して …

shapuhonsha
シャープが再び赤字転落。政府による産業支援策が遠因?

 業績が回復していると思われていたシャープが再び苦境に立たされています。黒字予想 …

kanebou
カネボウ問題に見る、ホンネとタテマエ論

 カネボウ化粧品の美白化粧品において、肌がまだらに白くなる症状が出た問題で、同社 …

kurodatuika
日銀がまさかの追加緩和。背景には何が?今後の市場はどうなる?

 日銀は2014年10月31日の金融政策決定会合で、追加緩和の実施を決定しました …

kejidousho
高価な軽自動車が出てくる理由は「日本経済」

 このところ、価格の高い軽自動車が目立つようになっています。中にはフル装備すると …

aiikubyouin
セレブ御用達の愛育病院が芝浦に移転する理由

 皇族が出産に利用するなど、セレブ出産病院として知られている愛育病院が、今年の1 …