加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

ピケティのr>gで得をしているのは実は庶民?

 

 ピケティの資産格差に関する話題が、まだまだ盛り上がっているようです。本コラムでもピケティを1度取り上げましたが、今回はちょっと見方を変えてピケティの格差理論を考えて見たいと思います。

資産を保有しているのは誰か?
 ピケティによると、歴史的にいつの時代も、資産の収益率(r)が所得の伸び(g)を上回っており、これによって富を持つ人とそうでない人の格差が広がると主張しています。つまり恒常的にr>gが成立するので、格差が拡大するという仕組みです。

 ピケティのこのr>gは非常に有名になりました。

 確かにデータを見ると(r)の値は(g)よりも大きいのですが、素朴な疑問が湧いてきます。(r)の恩恵を受けている資産家とは具体的にどのような人なのでしょうか?

 ピケティは、資産の収益率を計算するにあたって、資産はすべての資産から負債を引いた純資産であると定義しています。日本にはこの純資産が約3000兆円ほどあるのですが、この運用利回りの恩恵を誰が受けているのかという問題です。

 資産と負債の関係は複雑ですので、負債を差し引かない総資産を使ってその中身を見てみましょう。

 日本経済が持つ総資産のうち、3割は土地や設備といった実物資産です。残り7割は金融資産ということになります。実物資産のうち、約半分は住宅です。住宅を所有している人は多いですから、これは、家賃を払わなくてもよいという形で、一般国民に(r)の恩恵が及んでいます。

 また金融資産のうち、半分程度が、預金、国債、株式などで占められています。国債や株式の多くは、機関投資家が保有しており、機関投資家の代表的な存在は、公的年金、民間の保険会社ということになります。つまり、金融資産の多くは、年金や保険金という形で一般国民に返ってきていることになります。

pikechirg

全体として考えれば資産収益の多くは庶民に返ってくる
 つまりマクロ的にみれば、資産格差の恩恵をもっとも受けているのは、資産を間接的にたくさん保有している一般国民ということになります。

 もちろん、何億、何十億という資産を持っている人は一定数存在しており、この人たちが資産から得られる収益は、庶民の目から見れば莫大なものでしょう。

 億単位の資産を持っている富裕層は、労働することなく生活することが可能です。こうした人達の富が、労働者よりも有利な条件で増えているという点においては、r>gの格差が生じているという解釈は成立します。

 しかしマクロ的に見た場合、上記のように、(r)からの恩恵を受けている人の多くが、ごく普通の庶民です。単純に資産収益が大きいことはよくない、という図式にはならないことがお分かりいただけると思います。

 この事実は、今後の資産配分をどうすればよいのかのヒントにもなります。

 米国は確かに日本と同レベルの貧困率があり、さらに、日本にはいない超富裕層が存在していますから、日本と比べて格差が激しい社会です。しかし、同じ中間層の生活を比較すると、現実問題として、米国人の方が圧倒的に豊かです。この違いはどこから来るのでしょうか?

 経済構造の比較は単純ではなく、そう簡単に決めつけることはできませんが、ひとつ考えられるのは、米国人の一般家庭における株式保有率の高さです。

 米国ではごく普通の一般家庭でも、民間の年金という形を通じて、あるいは投資信託という形を通じて、株式投資を積極的に行っています。このため、株価が上昇すると、7時のニュースでは「皆さんの家計に朗報です!」というキャスターの第一声が聞こえてくることになります。

 アベノミクス開始後、家計の金融資産のうち株式は2倍近くの増加となりましたが、日本では株式の所有者のほとんどが富裕層であり、一般国民はアベノミクスの恩恵を肌で感じることができません。

 日本人がもう少しリスクに対して積極的になり、中間層が何らかの形で株式投資をするようになれば、アベノミクスの恩恵をもっと多くの人が受けることができるようになるはずです。ピケティは間接的ですが、こうしたことをわたしたちに教えてくれています。

 - トピックス, 経済 ,

  関連記事

pccw
すでにバブル?活況呈する東京の不動産市場はいつまで続くのか?

 先日、日本の不動産市場を象徴する大型物件の売買が成立したとの発表がありました。 …

ventresien
政府のベンチャー支援策がうまく機能しない理由

 政府の新しい成長戦略がまとまりました。安倍首相は昨年、米国での講演において「日 …

softbanksprint
ソフトバンク孫社長に見るリスクの取り方

このところ、日本企業による海外の超大型買収が相次いでいます。なかでも目を引くのは …

hodostation
元官僚のコメンテーター番組降板論争の捉え方

 「報道ステーション」の番組出演をめぐって、キャスターの古舘伊知郎氏とゲストコメ …

chojikanrodo
日本で長時間労働がなくならないのはナゼ?

 先日、あるインターネットのニュースで、ほとんどの社員が17時に帰るという、年商 …

nakamurashuji
中村氏がノーベル賞を受賞。発明の対価にまつわる誤解

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した日本人3名に授与 …

shoushikataisaku
出産に対する麻生大臣の発言から見えてくるもの

 麻生財務大臣が、少子高齢化で社会保障費が増えていることについて「高齢者が悪いよ …

hoikuen
「保育園落ちた」問題で分かる、日本における危機感のなさ

 「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログの書き込みから、待機児童の問題が再び …

fudosankarirarenai
衆議院の解散で家が借りられなくなった前議員の話から考えたこと

 衆議院の解散に伴って失職した元議員が、選挙区の鞍替えに際して、審査が通らず、な …

kiensu
キーエンスの平均年収が1300万円から考える営業という仕事の本質

 日本を代表する計測機器メーカーであるキーエンスの創業者、滝崎武光氏が、会社設立 …