加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

年金運用の年間最大損失額21兆円をどう見る?

 

 公的年金の運用における国債から株式へのシフトが進んでいます。株式は国債に比べて期待リターンが高いという特徴がありますが、一方でリスクも高くなっています。

 新しい公的年金のポートフォリオでは、想定される年間の最大損失額は21兆円に達することが明らかとなりました。
 これは金融工学に沿って計算されたもので、株式へのシフトを進めれば、当然に想定される数字です。特に驚くべき内容ではありませんが、この数字をどう見るかは人によって様々でしょう。

インフレが進むと債券中心の運用は不利になる
 
安倍政権は、今後インフレが進行する可能性があることから、公的年金の運用方針の見直しを積極的に進めています。
 昨年10月にまとまった新しい運用方針で は、国債の比率は60%から35%に引き下げられ、逆に、国内株の比率は12%から25%に引き上げられました。株式については、外国株を合わせると40%に達することになります。

 インフレの時には債券中心の運用は不利になります。インフレ政策を進める安倍政権としては、公的年金の運用方針を変えることは意味のある施策ということになります。

 ただ、今回の見直しについては、株価維持や、支払い超過で運用資金が年々減少している公的年金への対処という側面があることも否定できません。老後の生活における命綱である公的年金において、過大なリスクは取るべきではないとの意見もあります。

 確かに、公的年金でどの程度のリスクを取るべきなのかは様々な見解があります(米国の公的年金のように株式での運用が禁止されているところもあります)。最終的には国民が決めることではありますが、最大の問題は、多くの国民が、株式での運用を行った場合に、どの程度の損失が出る可能性があるのか十分に理解していない可能性が高いことです。

 これまで損失の話についてはあまり議論されていなかったのですが、民主党の長妻議員が、この問題について質問主意書を政府に送ったことから、政府が具体的な数字に言及することになりました。

 質問主意書に対する政府回答という形で出てきたのが、この21兆円という数字です。

21choen

プラスマイナス21兆円をどう捉えるか?
 この数字自体は、それほど驚くべきものではありません。というのも、政府が提示している新しいポートフォリオに基づいて理論的に損失額を計算すると、だいたいこの程度の金額になるからです。

  公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)では、日本株の期待リターンを約6%、1年間で想定されるリスク(ボラティリティ)を最大 (確率95%)で±50%としています。外国株もほぼ同様の数値が想定されているようです。

 全体で130兆円に達するGPIFのポートフォリオのうち、株式部分にこ れを当てはめると、最大損失額は約23兆円と計算されます。ただ、株式が下落した時には上昇する資産もありますから、実際にはもう少し数字はよくなります。その結果が21兆円という金額と考えられるのです。

 この数字はあくまで確率95%の範囲ということですから、リーマンショックのような100年に1度というような危機が発生した場合には、損失はさらに大きくなります。

 一方、ここでいうリスクとはあくまで株価の上下変動ですから、これだけの損失が出る可能性もあるということは、逆に、これと同等の利益が出る可能性もあるわけです。

 21兆円の超過利益が出ることになれば、私たちの年金の支払いもかなり余裕が出てくることになるでしょう。一方、本当に21兆円の損失を確定してしまった時には、わたしたちの年金はかなり絶望的な状況となります。

 年金の問題は重要ですから、本当にこの運用方法でよいのか、私たちはもう一度、真剣に検討してみる必要があるでしょう。

 従来のような国債中心の運用を行っていれば、年金の受給額は確実に少なくなりますが、巨額の損失を出す可能性は非常に低く済みます。
 株式中心の運用にすれば、儲かるときは儲かりますが、大きな損失を出す可能性は一定割合で存在します。これはまさに、株式投資を始める時に、投資家が悩むテーマそのものといってよいでしょう。

 - 投資, 政治, 社会 ,

  関連記事

abenomicstokusitahito
アベノミクスで得したのは誰?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表しました …

kodomohinkon
日本で子供の貧困が増加中。その背景にあるのは?

 日本において、子供の貧困が深刻化しています。厚生労働省がまとめた2013年国民 …

nichiginkuroda
日銀の量的緩和策が正念場。追加緩和か路線変更か?

 日銀の量的緩和策が正念場となっています。日銀は2年で2%という物価目標を掲げて …

oilprice
原油価格下落に関する報道を見る際の注意点とは?

 昨日、原油価格の下落によって、ロシア経済が危機に瀕しているという記事を書きまし …

toudaiokane
20年以上にわたって繰り返される、親の収入と学歴に関する論争

 東大生の親の6割が年収950万円以上というツイッターの投稿がネットで話題となっ …

shohizeienki
とうとう安倍首相が消費増税延期を決断。日本経済はどうなる?

 安倍首相が2014年11月18日、とうとう衆議院の解散と消費増税の延期を表明し …

gpif201579
公的年金、8兆円の損失についてどう考えるべきか

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年11月 …

baeikyu
中国と台湾の接近路線が見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で敗北した責任を取り、国 …

pilotfusoku
パイロット不足問題から見えてくること

 格安航空会社(LCC)各社のパイロット不足が深刻になっています。ピーチ・アビエ …

kakusanichibei
米国の格差問題と日本の格差問題

 米国経済は順調な回復を見せていますが、一方で、富の格差がなかなか縮小しないとい …