加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

軍需産業とヒッピーという奇妙な関係

 

 前回はシリコンバレーを例に、イノベーションの有無が都市の発展や衰退に大きく影響するという話をしました。今回はその話の続きです。

シリコンバレーの複雑な成り立ち
 シリコンバレーは自由な雰囲気のハイテクの街として有名ですが、その成り立ちはもう少し複雑です。もともとシリコンバレーは軍需企業の集積地として発達してきました。面白いのは、軍需企業の集積地だったシリコンバレーがなぜ、自由な雰囲気のハイテクタウンに変貌したのかという理由です

 シリコンバレーはサンフランシスコに近く、カリフォルニア大学など教育機関も充実していますから、軍需企業の集積地にはもってこいの場所です。現在、パソコンのCPUでは圧倒的なシェアを持つインテル社も、かつては売上のほとんどを国防総省に依存する典型的な軍需企業でした。

 一方、サンフランシスコは米国の反体制運動の拠点だった街でもあり、1960年代から70年にかけては、ヒッピーと呼ばれる人たちが多数住んでいました。アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏もかつてはヒッピーだった一人です。

 ジョブズ氏が若かった頃、彼はドラッグに夢中になり、ベジタリアンとして生活していました。髪は伸ばし放題で風呂にも入らない生活でしたが、彼はベリタリアンは体臭がしないと固く信じており、他人が体臭を指摘しても納得しなかったそうです。彼は亡くなるまで、終生ボブ・ディランのファンであったことでも有名です。

 シリコンバレーにはジョブズのような反体制的でコンピュータの知識がある若者がたくさん存在していました。
 米国は体制側も相当なもので、このような反体制派の若者を単純に弾圧するようなことはしません。この中で、天才的な頭脳を持つ人たちを、シリコンバレーの軍需企業を通じて囲い込み、兵器開発にその頭脳を応用させるとともに、過激な反体制活動に向かわないように監視していたのです。

siliconvalley

イノベーションには、異なるカルチャーの融合が不可欠
 米国の軍事企業にはこうした元反体制派の活動家が多く在籍しています。米国の映画やドラマには、彼等が人生に対して、どのように折り合いを付けたのかという苦悩を描いた作品が数多くあります。

 80年代、レーガン政権が圧倒的な支持で誕生しましたが、民主党員であるにもかかわらず共和党のレーガンに投票した人が多数現れたことが話題となりました。

 そのような人をレーガン・デモクラットと呼ぶのですが、軍需企業に在籍した元ヒッピー達は、レーガンデモクラットの典型といわれています。

 自由でリベラルな現在のシリコンバレーの雰囲気は、彼等が形作っていったものです。現在ではそこに世界中から集まった移民が加わり、さらにいろいろな価値観が混じり合う街になりました。これがイノベーションの源泉になっていることはほぼ間違いありません。

 軍による兵器開発と、反戦、フリーセックス、ドラッグを主張するヒッピーは、まさに正反対の存在です。しかしこの相容れない存在が、テクノロジーというものを媒介にして奇妙な融合を見せているわけです。

 反体制活動やドラッグなどを好き放題やったあげく、その後は軍需企業で高給取りとは、身勝手極まりない振る舞いではありますが、これも現実のひとつの側面といえるでしょう。さらにいえば、有能ならどんな人でも登用するという米国の強さの源泉でもあるわけです。

 同じような光景はそのほかの場所でも見ることができます。アマゾンやマイクロソフトが本社を置くシアトルは、西海岸では屈指の軍港で、ボーイングという巨大軍需産業も本拠を構えています。
 またロサンゼルスにほど近いサンディエゴもハイテクの集積地として有名ですが、ここもシアトルと並ぶ巨大な軍事都市であり、一方ではサーフィンやドラッグといった西海岸文化の拠点でもあります。

 異なる価値観やカルチャーがぶつかり合うことは、イノベーションにとっては非常に有益であることを、米国の複雑な都市事情は教えてくれています。

 - テクノロジー, 政治, 文化, 社会

  関連記事

putin
ロシア強気外交のウラ側

 ロシアのプーチン大統領は2014年7月、他国への武器輸出を拡大する方針であるこ …

kekkonsiki
日本の伝統って?

 前回のコラムでは、東京で不動産取引が活況を呈しており、その中で、バブル経済に翻 …

sharphonsha
再び巨額赤字に転落したシャープ。減資と2000億円の増資をどう見る?

 注目されていたシャープの2015年3月期の決算が発表となりました。事前に報道さ …

ai brain
人工知能はビジネスに何をもたらすか?

 人工知能の開発に力を入れている米IBMが、同社の人工知能「ワトソン」の本格的な …

doshasaigai
旧地名を防災に役立てるという考え方は有用か?

 広島で発生した大規模な土砂災害をきっかけに、あらためて自身が住む場所の危険性に …

zaiseijoutai
日本政府が抱える借金は大丈夫なの?

 財務省が抜本的な歳出削減に向けた動きを加速させています。背景には危機的といわれ …

chinaryokousha
中国人旅行客のマナーが悪い理由

 中国人旅行客のマナーの悪さが、中国のメディアで話題になっています。マレーシアの …

kaisanbanzai
衆院解散の「バンザイ」をめぐる考察

 2014年11月21日、とうとう衆議院が解散となりました。解散詔書が読み上げら …

nissanngohon
高額な役員報酬に妥当性はあるのか?

 このところ日本の上場企業の役員報酬が増加傾向にあります。グローバルスタンダード …

tokyowan
日本の1人あたりGDP順位急落をどう見るか?

 日本の1人あたりGDP(国内総生産)の順位が急落しています。1人あたりGDPの …