加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

リスクに応じたリターンはあるのか?

 

前回はリスクを取るためには、相応のリターンが必要という話をしました。

お店を出店するにあたり、家賃の値段が高すぎるという前回のケースでは、普通の経済メカニズムに沿ったビジネスモデルで利益を出すことは困難です。

このような案件ではリスクとリターンが比例していな いわけですから、儲かるどころか危険がいっぱいということになります。別な目的があれば話は別ですが、このようなところで無理にリスクを取ってはいけません。

 kaya002001

このほか、相手方に一方的に有利な契約になっていたり、ビジネスの相手として信用できない人と組んでしまうなど、自分が取ったリスクに対して十分な期待収益が得られないというケースは案外多いのです。

まずは、自分が取り組もうとしている案件が、こういった非合理的な状況になっていないのかを考えるのが先決です。

 この条件をクリアしてはじめて、本当の意味で、そのチャンスには賭けるべき価値があるのか判断するというフェーズに入ることができます。

その点で、株式投資というのは、基本的にリスクとリターンが比例する関係にあります。株価の上下のブレ幅が大きい銘柄ほど、期待収益は高くなっていることが多く、基本的にはリスクを取った分だけ、相応のリターンを得ることができるようになっています。

株式市場に上場するためには、一定の基準をクリアする必要がありますし、株式市場には数多くの投資家が参加していることが大きく影響していると考えられます。

株式投資は自分で投資先をコントールすることができませんが、リスクとリターンの関係という意味では、合理的な投資対象といってよいでしょう。

次回は具体的な例をあげて、リスクの取り方について解説していきます。

 - ビジネス, 投資 ,

  関連記事

pikettybook
ピケティの理論を日本経済100年に当てはめてみると

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっています。彼の著作である「21世紀 …

otukakagu
大塚家具の委任状争奪戦はどちらが有利?

 大塚家具の経営権をめぐる内紛が激しさを増しています。同社は3月下旬に株主総会を …

siozaki02
公的年金の運用方針転換で、巨額の資金が株式市場に

 先週は日銀による突然の追加緩和というサプライズがありました。追加緩和がインパク …

zangyodai
営業マンも残業代ゼロ?労働基準法改正案のポイント

 会社での働き方や残業代の支払いが大きく変わりそうです。労働基準法の改正案が3日 …

chojikanrodo
日本で長時間労働がなくならないのはナゼ?

 先日、あるインターネットのニュースで、ほとんどの社員が17時に帰るという、年商 …

nenkojoretsu
安倍政権がとうとう年功序列賃金の見直しに着手?

 安倍政権がとうとう年功序列の賃金体系に対してメスを入れる考えを明らかにしました …

nissanngohon
高額な役員報酬に妥当性はあるのか?

 このところ日本の上場企業の役員報酬が増加傾向にあります。グローバルスタンダード …

kabusikisijo
このところ日本の株価が絶好調な理由

 日本の株式市場が好調です。1月には1万7000円を切る場面もありましたが、その …

kokkai221
物価連動国債が個人に解禁された意味

 これまで機関投資家だけに販売されてきた物価連動国債がとうとう個人にも解禁となり …

watoson
メガバンクで進む人工知能の導入。インパクトは?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化しています。正確性が要求される銀行で …