加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

リスクに応じたリターンはあるのか?

 

前回はリスクを取るためには、相応のリターンが必要という話をしました。

お店を出店するにあたり、家賃の値段が高すぎるという前回のケースでは、普通の経済メカニズムに沿ったビジネスモデルで利益を出すことは困難です。

このような案件ではリスクとリターンが比例していな いわけですから、儲かるどころか危険がいっぱいということになります。別な目的があれば話は別ですが、このようなところで無理にリスクを取ってはいけません。

 kaya002001

このほか、相手方に一方的に有利な契約になっていたり、ビジネスの相手として信用できない人と組んでしまうなど、自分が取ったリスクに対して十分な期待収益が得られないというケースは案外多いのです。

まずは、自分が取り組もうとしている案件が、こういった非合理的な状況になっていないのかを考えるのが先決です。

 この条件をクリアしてはじめて、本当の意味で、そのチャンスには賭けるべき価値があるのか判断するというフェーズに入ることができます。

その点で、株式投資というのは、基本的にリスクとリターンが比例する関係にあります。株価の上下のブレ幅が大きい銘柄ほど、期待収益は高くなっていることが多く、基本的にはリスクを取った分だけ、相応のリターンを得ることができるようになっています。

株式市場に上場するためには、一定の基準をクリアする必要がありますし、株式市場には数多くの投資家が参加していることが大きく影響していると考えられます。

株式投資は自分で投資先をコントールすることができませんが、リスクとリターンの関係という意味では、合理的な投資対象といってよいでしょう。

次回は具体的な例をあげて、リスクの取り方について解説していきます。

 - ビジネス, 投資 ,

  関連記事

sony
ソニーがアップルになれなかった理由

 ソニーは2015年3月期の業績見通しについて、連結純損失が当初予想の500億円 …

mainasukinri
マイナス金利の導入によって初めて認識された?政策の「コスト」

 日銀がマイナス金利という未踏の領域に踏み出しました。当初は株価が急騰し、為替市 …

koshojutu
「粛々と」は上から目線?使わない方がよい言葉とは

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐって「粛々」という言葉が物議を醸しています …

watoson
メガバンクで進む人工知能の導入。インパクトは?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化しています。正確性が要求される銀行で …

risuku1003
正しいリスクの取り方

利益を得るためにはリスクを取らなければならないといわれていますが、むやみやたらに …

citibank
シティバンク撤退が意味すること

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかになりま …

kaigaiiju
海外移住をめぐる環境の変化は何を意味しているか?

 最近、再び海外移住に関する話題を耳にする機会が多くなってきました。つい最近、著 …

toshibabiru
東芝の不正会計で浮き彫りになった、日本のカイシャが抱える本質的な問題

 不正会計問題によって決算の発表をたびたび延期していた東芝が、とうとう2015年 …

mrjenki
大型客船に続いてMRJも。三菱重工の納期トラブルから考える同社の本当の姿

 三菱重工で相次いで納入延期のトラブルが発生しています。米国のクルーズ会社から受 …

46gdpmainasu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。来期の数字でアベノミクスの成否が決まる?

 2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値は、市場の予想通りマイナス成長 …