加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

新しい税制は、資産格差を助長することになる可能性も

 

 自民、公明の与党両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定しました。税制改正大綱は次年度の税制をどのようにしたいのかという党の方針を示すものですが、実際には、その内容が、次年度の法改正として具現化することになるため、非常に重要視されています。

 税金のあり方は、その国の政治のあり方を素直に反映します。これを読めば、日本の政治がどのような方向に向かっているのか明確に知ることができます。

税制で子供への資産移転を促進
 今回の税制改正大綱の目玉は法人税改革であり、最終的には法人税の3.29%の引き下げが明記されました。多くのニュースではこちらが取り上げられており、個人に対する課税についてはあまり触れられていません。

 しかし、個人に対する税制でも、今回の大綱ではかなりはっきりした傾向が見られました。それは富の世代間移転の促進です。

 日本は世代間で富の分布が大きく偏っています。日本の金融資産のうち約8割が60歳以上の高齢者によって占められています。高齢者は積極的にお金を使いませんから、豊かな高齢者の増加は経済を低迷させる要因となってしまいます。

 今回の大綱では、資産を持つ高齢者が、若い世代に資産を移転させることを促進する内容が目立っています。

 これまでも、子や孫の住宅購入に対して、親や祖父母が資金援助する際、最大1000万円までを非課税とする制度がありました。今回の大綱には、これを2019年まで延長することが盛り込まれました。特に2016年からの1年間は最大3000万円に拡大し、子や孫の住宅購入を支援します。

 また、結婚や子育ての費用についても1000万円を上限とする新しい非課税制度を作ったほか、株式投資から得られる利益や配当について5年間非課税とする「少額投資非課税制度」(NISA)の子供版を設けました。とにかく、自分の子供や孫のためにお金を使わせ、経済を活性化しようというわけです。

osatsukazoe

お金を持っている家の子供だけが得してしまう可能性も
 かわいい孫にお金をプレゼントすると非課税になるわけですから、お金を持っている高齢者はそれなりに支出を増やすと考えられます。とにかくお金が回っていないという現状を考えると、効果的な制度なのかもしれません。

 しかし、ここには大きな落とし穴があります。

 お金を持っている高齢者にお金を使わせるのはいいのですが、優遇税制の対象が、基本的に自分の子や孫へのプレゼントに限定されているという点です。
 経済的に見れば誰がお金を使っても同じ効果が得られるわけですが、社会的に考えると、そうではありません。

 自分の子供や孫に限定されているということは、この制度の下では、お金を持っている人の子供や孫だけが得をすることになります。親の資産の有無によって、住宅や教育に格差が付くことになるため、長期的に見るとあまりいい影響を及ぼしません。

 政府はこのあたりについてもよく承知していますし、わざわざ格差を助長するような政策を取るメリットも実はありません。しかし、お金が動かないという日本経済の問題はかなり深刻化しており、自分の子や孫が得するという制度にでもしなければ、お金が動かなくなっているのです。

 お金は天下の回り物回り物ですから、稼ぐ人にはどんどん稼いでもらって、稼いだお金はどんどん使ってもらうのが理想的です。

 本来であれば、資金使途が自分の子供であろうが、なかろうが、お金を使わないと損をするような税制が望ましいのですが、現在の日本では、それを望むのは難しいことなのかもしれません。

 - 政治, 社会, 経済 , ,

  関連記事

globalkeiei
経済産業省の「伊藤レポート」はビジネスマン必読

 先日、経済産業省が非常に面白いレポートを公表しました。企業と投資家との間には、 …

yaji
都議会ヤジ問題で筆者が絶望的な気分になる理由

 先日、東京都議会のヤジが大きな問題となりました。都議会としては、「信頼回復を目 …

tatakau41
国のために戦う日本人の割合は世界最低?

 日本人で「国のために戦う意思」を持つ人の割合は世界最低だったという調査結果が話 …

ctscan
ガンの緩和ケアにまつわる誤解と日本人の死生観

 ガンに伴う身体的、精神的苦痛を低減する「緩和ケア」に関する誤解が多いということ …

zaiseijoutai
日本政府が抱える借金は大丈夫なの?

 財務省が抜本的な歳出削減に向けた動きを加速させています。背景には危機的といわれ …

kabunusisoukai
株主総会の分散開催は評価すべき事だが・・・

 先日、経済産業省が、6月に集中している株主総会を分散開催するよう促す方針を固め …

germanyzaiseisaiken
財政再建が進むドイツ。国債の新規発行がゼロに

 財政再建を進めるドイツが、とうとう新規の国債発行ゼロを実現できる見通しとなりま …

chojikanrodo
日本で長時間労働がなくならないのはナゼ?

 先日、あるインターネットのニュースで、ほとんどの社員が17時に帰るという、年商 …

chokikinri
長期金利低下は何を意味しているのか?

 このところ、長期金利の低下が進んでいます。日本の長期金利は昨年4月の量的緩和策 …

usaoilexport
米国が石油の輸出を解禁する意味

 米国がいよいよ自国産の原油の輸出を開始します。米紙によるとオバマ政権は石油会社 …