加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

原油価格下落に関する報道を見る際の注意点とは?

 

 昨日、原油価格の下落によって、ロシア経済が危機に瀕しているという記事を書きました。原油価格の急落は、しばらくの間、世界経済における不安定要因のひとつとなることは間違いないのですが、日本におけるこの問題の扱われ方にはかなりクセがあります。
 情報の非対称性という意味では非常に参考になるケースといってよいでしょう。

原油価格下落は、世界経済全体からすればメリットが大きい
 原油価格の下落に関する報道でよく見かける論調は、原油価格の下落によって、米国のシェールガスブームが崩壊し、米国経済がダメージを受けるというものです。
 確かに原油価格が下落すれば、採掘コストが高いシェールガス会社の中には、生産調整を迫られたり、場合によっては破たんするところが出てくるかもしれません。

 しかし、こうしたミクロ的な部分ばかりに着目してしまうと、全体を見誤る可能性が高くなります。まず押さえておかなければならないのは、基本的に原油価格の下落は、石油の消費国(主に先進国)にとって朗報だという事実です。
 先進工業国は基本的にエネルギーを消費して製品やサービスを提供しており、エネルギーコストの下落は、直接的な利益になります。

 米国はダントツで世界最大の石油消費国ですから、原油価格下落の恩恵を最も受ける国のひとつなわけです。しかも、今回の石油価格の下落は、米国でシェールガスが開発されたことから、米国は今後、石油を輸入しなくても済むという需給要因が引き金になっています。

 米国のシェールガス事業者の採算ラインは中東の産油国より高く、50ドル台では儲からないといわれています。しかし仮に石油が50ドル台を下回れば、数年前の価格から比較すると半額以下ですから、それだけで米国全体としては大きなメリットになります。逆に60ドル台で落ち着けば、米国は石油を輸入しなくても自国でエネルギーを賄えますから、これまた米国にとって大きなメリットです。

 つまりどちらに転んでも米国は得するというのが、今回の原油価格の基本的な構造です。まずはこの大きな枠組みをしっかり押さえておく必要があるでしょう。その上で、原油価格の下落がもたらすリスクについて、慎重に検討する必要があるわけです(写真はオイルショック当時のOPEC総会の様子)。

oilprice
マスメディアの報道が偏ってしまう理由
 原油価格が下落する最大のリスクは、ロシアやベネズエラなど、経済が脆弱で、採掘コストが高く、国家財政のほとんどを原油に依存している国が危機に陥ることです(ロシアの採算ラインは100ドル近い水準だといわれています)。

 ロシアやベネズエラの経済規模は大したことはありませんが、両国に融資をしている金融機関などにとっては、債権が焦げ付き、ちょっとした金融パニックになる可能性があります。
 こうした金融危機が、投資マインドの縮小につながり、新興国から資金が一気に流出するような事態になると、世界の金融市場はかなりの混乱状態になると考えられます。目下最大のリスクはこのあたりでしょう。

 これはあくまでも、金融的なリスクであり、世界経済が根本的におかしくなっているわけではありません。特に先進国は原油価格下落の恩恵を大きく受けますから、短期的には混乱があっても、長期的にはメリットの方が大きいと考えるべきです。

 マスメディアは真実を報道しないとしばしば言われますが、それは本当です(筆者はジャーナリスト出身ですからこのあたりは実感としてよく分かります)。マスメディアも基本的には商売ですから、顧客である国民が望まない報道は基本的にやりたがりません。
 日本には、米国経済がうまくいって欲しくないという潜在的願望を持つ人が多数存在しており、実はマスメディアの報道もそれをベースに制作されています。

 したがって、原油価格の下落が米国経済にメリットをもたらすという報道よりも、米国のシェールガス・ブームが終了するというネガティブな報道が優先されやすいのです。
 もちろん、シェールガス事業者にとって原油価格の下落は大打撃ですが、全体からすれば大した問題ではなく、本来ならベタ記事扱いです。

 マスメディアから情報を収集する場合には、こうしたバイアスがかかっている可能性について、十分、注意する必要があります。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

netaniyafu
ネタニヤフ首相が米議会で演説。米国の中東政策は逆戻り?

 イスラエルのネタニヤフ首相が2015年3月3日、米議会で演説しました。イスラエ …

500yendama
とうとう日本の家計貯蓄率がマイナスへ

 日本の家計の貯蓄率がとうとうマイナスに転じました。内閣府が昨年末に発表した国民 …

irannuclear
イラン核協議の最終合意は、なかなか絶妙な内容

 米欧など6カ国とイランがとうとう、核開発問題について最終合意に達しました。イラ …

kabunusikangen
企業による株主への利益還元策が活発化している理由

 このところ、企業の利益を株主に還元しようという動きが活発になってきています。日 …

sigotosinaiojisan
米国人はテキトーに仕事をしているのになぜ生産性が高いのか?

 日本人ビジネスマンの仕事の仕方と、米個人ビジネスマンの仕事の仕方をコミカルに比 …

kokkai221
物価連動国債が個人に解禁された意味

 これまで機関投資家だけに販売されてきた物価連動国債がとうとう個人にも解禁となり …

kuroton
日銀の総括的検証で飛び出した適合的期待形成というキーワードは、撤退戦の始まりを示唆している

 日銀は、2016年9月21日に開催した金融政策決定会合において、これまでの金融 …

kaisanbanzai
衆院解散の「バンザイ」をめぐる考察

 2014年11月21日、とうとう衆議院が解散となりました。解散詔書が読み上げら …

tokyofudousan
活況を呈する東京の不動産取引。果たして実需はあるのか?

 このところ、東京の不動産取引が活況を呈しています。量的緩和策によるインフレ期待 …

toyodakio500
トヨタが事実上、元本保証の種類株を発行する理由

 トヨタ自動車が個人投資家向けに新しい種類株を発行します。値下がりリスクを抑える …