加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

トヨタ自動車の業績が絶好調な理由

 

 円安の進行でトヨタ自動車の業績が絶好調となっています。一方で、輸入物価の上昇や円安倒産など、最近では円安のデメリットも強調されるようになってきました。
 果たして円安は日本経済にとってプラスだったのでしょうか?それともマイナスだったのでしょうか?

トヨタの業績はうなぎ登り
 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月の中間決算を発表し、今期の通期決算において、純利益が2兆円を突破する見通しであることを明らかにしました。円安の進展によっては、さらに業績が上振れする可能性もあります。

 業績が絶好調なトヨタとは正反対に、国内では円安で苦しむ企業が増えてきています。極端な円高だった2年前には、円安になれば、輸出が回復し、すべての経済的な問題が解決するかのようにいわれていました。しかし、実際に円安になっても、日本の輸出は増えず、逆に輸入物価の値上がりで生活は苦しくなっています。

 そもそも円安というものが、日本の経済や、私たちの暮らしにどのような影響を与えているのか、もう一度整理しておく必要があるでしょう。

 トヨタの業績が円安で絶好調なのは、日本からの輸出が増えたからではありません。

 トヨタは年間で約1000万台ほど自動車を生産しているのですが、その半分は海外で生産しています。さらに販売台数にいたっては、実に8割が海外向けです。

 つまりトヨタは海外で自動車を生産し、海外に向けて販売する会社になっています。トヨタの主戦場は米国市場ですから、米国で自動車を作って米国人に自動車を売っているわけです。
 米国では当然ドル建てで自動車を販売することになります。円安になれば、円換算した米国での販売金額は増えますから、トヨタの業績は拡大するわけです。

 ところが、日本全体で見るとそうはいきません。今までの日本は、日本国内で製品を作って海外に輸出していました。このため円安になれば、売上げは伸びたのですが、事の本質はそこではありません。
 円安になって海外での売上げが伸びることで、国内生産力の増強が行われ、これが景気拡大や賃上げに結びついてきたのです。

toyotagyoseki


海外の利益をうまく国内に還流させる仕組みが必要
 つまり円安そのものというよりも、それにともなう設備投資の拡大が国民にとって恩恵をもたらしていたわけです。しかし現在では、工場のほとんどは海外にシフトしています。海外で生産が伸びたとしても、国内の労働者や関連会社にはメリットがありません。

 円安になることで、日本メーカーの業績は伸びますが、国民の多くはそこから得られる利益を享受できないということになってしまいます。

 実は、このような状態になることはとっくの昔から分かっていたことです。現在は経済のグローバル化が進み、どこか1つの国が何かを作って世界に輸出するという時代ではなくなっています。つまり地産地消が当たり前になっているわけです。

 付加価値の低い工業製品は中国といった新興国が集中して生産する方が効率がよいですから、局地的な生産と輸出という体制が維持されています。しかし、そうではない製品は生産拠点の分散が進んでいるわけです。日本はコスト勝負で中国や韓国と争う国ではありませんから、日本国内から工場が移転していくのは、ごく自然なことなのです。

 今後はむしろ、海外展開している日本メーカーの利益がうまく国内に還元されるような仕組みを作っていく必要があるでしょう。株式の配当などを増やし、企業が海外で得た利益を国内市場に回していくのもひとつの方法といえます。

 企業の利益がうまく国内に還元されるようになってくれば、内需が拡大して、消費も活発になり、持続的な経済成長につながっていきます。そうなってくれば、賃金も上昇していきますから、輸入価格の上昇で生活が苦しくなるという事態も避けることが可能となります。

 本来であれば、円高の解消と同時に、こうした体質改善を進めていく必要があったのですが、円高さえ改善されれば、すべてがうまくいくという、安易な楽観論が支配してしまい、こうした施策が後回しになってきました。

 円安で輸出が増えないと嘆くのではなく、時代に合わせて産業構造を変化させ、柔軟に対処することが重要なのです。

 - トピックス, ビジネス, 経済 ,

  関連記事

zaiseimerukeru
日本が各国に財政出動を説得するのはリスキー

 各国が協調して財政出動を実施するよう、安倍首相が各国首脳を説得しています。伊勢 …

nenkingokai144
年金に関する根本的な誤解

 前回は公的年金の運用を株式にシフトする動きが加速しているという話をしました。そ …

appurukessan
アップルの絶好調決算に見る、中国市場の質的変化

 米アップルが驚くべき決算を発表しました。中国向けiPhoneが絶好調で、売上高 …

keitaiminaosi4455
安倍首相が携帯電話料金の見直しを要請。効果はあるのか?

 安倍首相が携帯電話料金の見直しを求める発言を行ったことが話題となっています。安 …

blackkigyou02
ブラック企業かどうかを決めるのは自分

 ブラック企業が社会問題になっていることを受けて、ブラック企業かどうかを診断して …

tosiken004
人口減少で民族大移動がさらに加速する

 このところ、郊外の不動産が積極的に売りに出されています。これまであまり動くこと …

kifu2441
ザッカーバーグ氏の寄付は寄付じゃない?

 フェイスブックCEO(最高経営責任者)であるマーク・ザッカーバーグ氏の寄付が大 …

spotifypre
音楽聞き放題サービスの上陸は日本を変えるのか?

 スウェーデン生まれの音楽ストリーミング・サービスのSpotifyが間もなく日本 …

putinkukyou
ロシアの経済的苦境から見えてくる戦争の現実

 ウクライナ問題をめぐる西側各国の制裁によって、ロシア経済が厳しい状況に追い込ま …

led
反社会ビジネスが横行する理由

 発光ダイオード(LED)証明の架空取引で、大手広告代理店電通の子会社「電通ワー …