加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

内閣改造で浮き彫りになった派閥力学

 

 安倍改造内閣がいよいよスタートとなりました。とりあえず、支持率も上昇しており、新内閣はまずまずのスタートとなりました。

自民党の派閥政治が復活?
 今回の内閣改造と党役員人事は、焦点だった石破前幹事長があっさり妥協し、地方創世相として入閣してしまったことから、少々拍子抜けした感があります。

 しかし人事の内容をよく見てみると、これまであまり表面化していなかった自民党の派閥が再び政局のカギになりつつあることを示したという意味で、興味深い人事であったともいえます。

 今回の人事のポイントは、党内勢力のバランスといえます。最大のポイントは、石破氏の後任の幹事長に就任した谷垣禎一前法相です。

 谷垣氏は以前に党総裁を経験していますから、ある意味では異例の人事です。谷垣氏は消費税の増税論者ですから、谷垣氏の幹事長就任は、消費税10%増税へ向けた布石と見られているようです。もちろんそういった面はあると考えられますが、もっと大きいのは派閥力学でしょう。

 かつて自民党は強固な派閥が存在し、大臣も基本的に派閥の順送り人事でした。現在の自民党は以前のような派閥が存在しているわけではありませんが、派閥は緩い形で今も存続しています。

 谷垣氏は宏池会(現岸田派)の流れを汲む派閥で、現在でも党内に一定の影響力を持っています。兄弟の派閥である岸田派からは岸田外相が留任となっていますので、宏池会系のキーマンは主要な役職で処遇したわけです。

 派閥力学という点で重要となるのは、やはり経世会の動向でしょう。

 経世会は、安倍氏が属していた清和会と長年、敵対的な関係にあった派閥です。清和会と経世会の確執は、安倍氏が政治の師として仰ぐ、祖父の岸信介元首相の時代にまで遡ります。

 その経世会からは、小渕優子氏と竹下亘氏がそれぞれ起用されました。両名とも名前から分かるように、経世会を代表する元首相経験者の親族です。特に小渕氏はまだ若く、今後の成長が期待できますから、経世会としても非常に力を入れていると考えられます。

obuchiyuko

小渕優子氏が今後のキーパーソン?
 冒頭でも述べたように、今回の内閣改造におけるキーマンは石破前幹事長であり、安倍政権側は、石破氏を閣内に取り込み、反安倍勢力が結集するのを防ごうと腐心してきました。
 石破氏は思いのほか、簡単に妥協してしまい、長期政権を狙う安倍政権が描いたシナリオ通りに落ち着きました。

 これで石破氏がポスト安倍として力をつける可能性はかなり小さくなったのですが、もしかすると、今回の人事はまったく別な流れを形成するきっかけとなったかもしれません。それは経世会の動きです。特に小渕氏は要注目かもしれません。

 小渕氏は、小渕恵三元首相を父に持っており、知名度は抜群です。しかも、女性ですから、今のタイミングには最適な人物といえます。まだ当選5回ですが、安倍首相も5回で首相になりましたから、まったく不可能な数字ではありません。また財務副大臣を経験するなど、着々と将来への準備も進めています。

 小渕氏は経産大臣なわけですが、今度の内閣の経産大臣には、原発再稼働という大きな仕事が控えています。

 この問題は非常にデリケートですから、取り扱いに失敗するとその影響は大きいですが、うまく成功させれば政治家として飛躍のきっかけになるでしょう。長期政権を目指す安倍政権にとって、脅威となるのは、実は石破氏ではなく、もしかすると小渕氏なのかもしれません。

 もちろん、これは解散総選挙後の内閣がどのような布陣になるのかで大きく変わってきます。永田町では、秋の臨時国会冒頭での解散説も囁かれています。本当の意味での、ポスト安倍政権は、選挙後の内閣の顔ぶれを見てから判断する方がよさそうです。

 - トピックス, 政治 , ,

  関連記事

gdp201613
2016年1~3月期GDP。日本経済はいよいよ八方塞がりの状況

 内閣府が2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値を発表しました。物価の …

abedanwa70
安倍首相の戦後70年談話の中で、もっとも注目すべきポイントは?

 安倍首相が戦後70年談話を発表しました。注目されていた歴史認識問題については「 …

ginza2146
4~6月期に続いて、7~9月期のGDPもマイナス?

 このところ景気に対する不透明感が高まっています。安倍首相は、GDP600兆円と …

riagekankyo
意外にも堅調な世界経済と伸び悩む株価。実質的に利上げは始まっている?

 ギリシャ債務問題や中国株の下落など、不安定要素だらけに見える世界経済ですが、足 …

gpif201579
公的年金、8兆円の損失についてどう考えるべきか

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年11月 …

nenkingokai144
年金に関する根本的な誤解

 前回は公的年金の運用を株式にシフトする動きが加速しているという話をしました。そ …

googlecar
グーグルの事故から考える自動運転車の安全性

 グーグルの自動運転車が事故を起こしていたことが明らかとなり、あらためて自動運転 …

toshibabiru
東芝の不正会計問題は、本当の意味で日本人の「底力」が試されている

 東芝の不正会計問題は、日本のコーポレートガバナンスがまったく機能していなかった …

eiyaku001
政府が日本の書籍を国費で英訳。効果はある?

 政府が日本の書籍の英訳を国費で支援し、海外に発信する事業に乗り出すと報じられて …

kyosantojomuin
中国主導のアジア金融システムとどう付き合うか?

 アジア地域の新しい金融システムをめぐってちょっとした事件がありました。英国の財 …