加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

人手不足は何を意味しているか?

 

このところ、人手不足が深刻になっているというニュースをよく耳にします。牛丼チェーンの「すき家」では、1300円を超える時給でもアルバイトが集まらず、店舗のオペレーションが出来なくなるという事態も発生しているそうです。

また建設業界はすでに慢性的な人手不足で、職人さんが確保できないため、一部の工事が中断するケースも出てきています。

日本はこれまで長期間不況が続き、人が余っているといわれてきました。ここにきて急に人手不足といわれてもピンとこない人が多いかもしれません。

中には「日本人は贅沢になったので仕事を選んでいるだけ。本当は仕事のミスマッチなど起こっていない」と主張する人もいます。こうした意見は半分は当たっていますが、半分ははずれています。

若年層の労働人口は2割も減った

日本がここしばらくの間、人が余っていたのは事実です。不景気で仕事がなくなっているのに、日本の労働人口はそれほど減っていなかったからです。しかし状況は大きく変わりました。労働人口の減少が、特に若年層を中心に激しくなっているのです。

高齢者の労働人口はここ10年でむしろ増加しているくらいなのですが、若年層の労働人口は逆に2割も減っているのです。ワタミやスタバ、ユニクロといった店舗では若い店員さんが中心ですから、この影響をモロに受けているわけです。

確かに人口の減少分以上に労働人口が減っていますから、一部はニートなど働く意思がない状態になっている人もいるでしょう。しかし、慢性的な人手不足は彼が労働市場に出てこないからではなく、若者の絶対数が足りないのが主な原因なのです。

hitodefusoku4

一方、建設業については、少し事情が異なります。こちらは必ずしも若い人だけという職場ではありませんが、こうした仕事は日本人はあまりやりたがりません。高齢者の場合には、年金をもらえている人も多く、あえてこうした仕事には応募しない人も一定数存在すると考えられます。

何より、このところ政府は公共事業を急激に増やしていますし、オリンピック特需でさらに建設需要が増加している状況です。これが、もともとの人手不足にさらに拍車をかけているわけです。

ホワイトカラーはまだ余っている

人手不足になれば賃金が上昇しますので、デフレ脱却には意味があるかもしれません。しかし、慢性的な人手不足が続いてしまうと、今度はそれが経済の停滞要因になってしまいます。企業にとっては事業を拡大したくても、人手を確保できずそれを断念するという事態が発生してしまうからです。

その一方で、ホワイトカラーの事務職については、かなりの余剰人員が存在している状況にあります。IT化は今後さらに進むことが予想されますので、こうした分野の労働者はさらに必要なくなってしまいます。

しかし、事務職で余剰となった人材が、外食の店員さんや建設作業員に転職するとは思えませんから、やはり人手不足の解消にはなりません。

政府ではこうした状況を打開するため、外国人労働者の受け入れを拡大しようとしていますが、これには反対意見も多く、スムーズには進まない可能性があります。

デフレと人余りから一転、今度は賃金上昇によるインフレと人手不足に苦しめられることになりそうです。

 - トピックス, 政治, 経済 , , ,

  関連記事

nyugyu
バター品薄で浮き彫りになった日本の国家独占貿易システム

 このところバターの品薄が続いていますが、これに対処するため農林水産省が1万トン …

watoson
メガバンクで進む人工知能の導入。インパクトは?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化しています。正確性が要求される銀行で …

nissanngohon
高額な役員報酬に妥当性はあるのか?

 このところ日本の上場企業の役員報酬が増加傾向にあります。グローバルスタンダード …

jinkochino4111
人工知能が普及する現実の姿を想像してみよう

 人口知能やロボットの導入によって、日本の仕事の半分が消滅するという野村総研のレ …

skypehonyaku
人工知能による同時通訳サービスがもたらすインパクトは大きい

 インターネットの通話サービスを手がけるSkypeが、人工知能を使った同時通訳の …

konkatsu
鳥取市の婚活イベント中止事件から考える「公金」の意味

 鳥取市が企画した婚活イベントについて批判が殺到したことから中止になるという騒ぎ …

appurukessan
アップルの絶好調決算に見る、中国市場の質的変化

 米アップルが驚くべき決算を発表しました。中国向けiPhoneが絶好調で、売上高 …

nakamurashuji
中村氏がノーベル賞を受賞。発明の対価にまつわる誤解

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した日本人3名に授与 …

pepper
ソフトバンクがロボットに進出する本当の狙い

 ソフトバンクが、人と対話できるロボット「Pepper」を発表しました。日本のロ …

riagekankyo
意外にも堅調な世界経済と伸び悩む株価。実質的に利上げは始まっている?

 ギリシャ債務問題や中国株の下落など、不安定要素だらけに見える世界経済ですが、足 …