加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

都議会ヤジ問題で筆者が絶望的な気分になる理由

 

 先日、東京都議会のヤジが大きな問題となりました。都議会としては、「信頼回復を目指す決議案」を本会議で可決していますから、ひとまずは幕引きということなのでしょう。

 しかし、今回のヤジ事件は、日本の将来が、かなり致命的な状況となっていることを、あらためて認識させる結果になったと筆者は考えています。その理由は、人口減少問題に対する驚くべき認識のなさです。

都議会ヤジが本当に意味すること
 本コラムでは、ヤジの内容そのものについて議論するつもりはありません。ただ、こうしたヤジが議員という要職にある人から発せられたということは、この感覚は少なくない数の日本人の中で共有されていると判断することができます。

 また実際に、前回の都知事選に出馬した田母神俊雄氏のように「心底ひどい発言と思っている人は少ないと思う」と発言している人もいますから、決して、異端の意見ということではないのでしょう。

 筆者が絶望的な気分になってしまうのは、このヤジが深く女性を傷つけるからではありません(もちろん、その点でも論外な発言ではありますが)。日本が直面している人口減少の問題に対してあまりにも鈍感すぎるからです。ここまで来ると犯罪的ですらあると筆者は思っています。

 日本は大変深刻な人口減少問題に直面しています。

 内閣府では長期の労働力人口予測をまとめていますが、50年後の労働力人口は、現状維持で何もしない場合には2782万人も減少するとしています。現在の労働力人口は6600万人ですから、半分近くまで減ってしまう計算なのです。

 これは大変な事態です。このところ外食産業などで人手不足が深刻になっていますが、その理由は若年層労働力の急激な減少です。
 若年層の労働力人口はここ10年で2割減っているのですが、2割減っただけで、これだけの人手不足ですから、半分になってしまった時のことを考えると、非常に恐ろしくなります。

yaji

都議会ヤジも一種の平和ボケ
 人口減少の影響を最小限にするためには、高齢者や女性の多くが職場に進出する必要があります。女性の登用は、機会均等といった「思想」として語られることが多かったのですが、これからの女性登用というのは、そんな甘い話ではありません。

 女性も男性も、全員死ぬまで働かなければ、経済的豊かさを維持できないということなのです。おそらくヤジを飛ばした議員は、「女性が子供をたくさん産まないから人口が減るんだ」という程度の感覚なのだと考えられます。

 大量生産のモノ作りが成功し、高度成長で、何も考えずにただ働けば儲かった時代には、そうした甘っちょろい考えでも何とか経済を回すことができました。

 しかし、これからはそうではありません。日本は確実に貧しくなっており、グローバルな競争環境はより熾烈になっています。

 全員が働き、全員が空いている時間を見つけて子育てし、家事をこなさなければ生きていけない時代に入ってしまったのです。そんな状況において、昭和な専業主婦的感覚で、ただ女性が子供を産めばよいという発想は、あまりにも浮き世離れしたものといってよいでしょう。

 経済成長を決める要素は、人口と資本とイノベーションの3つしかありません。人口が激減し、資本が変わらない以上、全員が働く社会に移行するとともに、付加価値の高い産業構造に転換しなければ、確実に貧しくなっていくのです。

 欧州ではすでにそうなっていますが、日本人の若者は全員大学に進学させ、より付加価値の高い仕事を目指して訓練を積ませるぐらいの覚悟がないと乗り切ることは難しいでしょう。こうしたヤジが出てくる土壌というのも、一種の平和ボケといえるものなのかもしれません。

 - トピックス, 社会, 経済 , ,

  関連記事

tokyofudousan
活況を呈する東京の不動産取引。果たして実需はあるのか?

 このところ、東京の不動産取引が活況を呈しています。量的緩和策によるインフレ期待 …

FRANCISCUS
宗教上の価値観さえも変容させるネット社会のインパクト

 ローマ法王庁は2014年12月6日、バチカンの不動産売却に関連した不正疑惑に関 …

kaigohoken
介護離職ゼロ目標で顕在化する、日本の社会保障制度と経済政策の矛盾

 安倍政権が「1億総活躍社会」の実現に向けて「介護離職ゼロ」という野心的な目標を …

senkyo2014
事前予想通り与党は圧勝だが、今後の政治日程は厳しい

 2014年衆院選は、事前の予想通り自民・公明両党の圧勝となり、とりあえずアベノ …

kabunusikangen
企業による株主への利益還元策が活発化している理由

 このところ、企業の利益を株主に還元しようという動きが活発になってきています。日 …

nakamurashuji
中村氏がノーベル賞を受賞。発明の対価にまつわる誤解

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した日本人3名に授与 …

katsuwairu
近い将来、人工知能が全人類の能力を上回るという説はホント?

 急速に発展する人工知能の分野において、驚くべき予測が出てきました。2045年頃 …

abe20140825
石破氏が無役になれば早期解散の可能性が高まる

 自民党の石破幹事長が、安倍首相が求める安全保障担当相を辞退する可能性が高まって …

irannuclear
イラン核協議の最終合意は、なかなか絶妙な内容

 米欧など6カ国とイランがとうとう、核開発問題について最終合意に達しました。イラ …

gyakukaiten
消費低迷が顕著となり都市銀行の貸し出しも減少へ。アベノミクスは逆回転を開始?

 2016年4~6月期のGDPは事前の予想を下回り、事実上のゼロ成長となりました …