加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

トヨタが事実上、元本保証の種類株を発行する理由

 

 トヨタ自動車が個人投資家向けに新しい種類株を発行します。値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当に制限があるという商品なのですが、なぜトヨタはこのような特殊な株式を発行するのでしょうか?

売却制限などがあるが、事実上の元本保証
 トヨタは2015年4月28日、「AA型種類株式」という名称の新しい種類株を発行すると発表しました。種類株とは普通株式とは異なる権利を有する株式のことで、今回発行される種類株は、5年間は譲渡や換金ができず、配当に制限が加えられています。

 しかし、5年を過ぎた時点で、普通株に転換するか、トヨタに買い取りを請求するのかを選択することができるので、トヨタが倒産しない限りは事実上の元本保証ということになります。

 投資家にとっては、実質的に元本保証がついており、普通株よりも低いとはいえ配当が得られ、トヨタ株が値上がりしていた場合にはキャピタルゲインも得ることができます。
 筆者は、もしトヨタが有望だと思うなら、配当も大きい普通株を買いますので、この商品は購入しないでしょう。しかし、リスクをなるだけ抑えたいという投資家も多いですから、この商品はかなりの人気になると想像されます。

 トヨタでは、種類株発行の目的として、長期的な開発資金の確保などに言及していますが、おそらくそれは表面的な理由と考えられます。

 なぜなら、同社では、今回の種類株発行と合わせて、ほぼ同数の自社株買いを予定しているからです。
 新しく株式を発行して資金を調達しても、その分は、市場に還元してしまうわけですから、資金調達としてはほとんど意味がありません。むしろ、既存の普通株を種類株に入れ替えることが最終目標であると考えられるのです。

 ではトヨタはなぜこのようなことをわざわざ実施するのでしょうか? そのヒントは、安倍政権が進めるコーポレートガバナンス改革にあります。

toyodakio500

真の狙いは持ち合い解消の受け皿?
 安倍政権では、外国人投資家の日本株買いを拡大させるため、これまで不透明といわれてきた日本企業のガバナンス改革に乗り出しています(ガバナンス改革を行う本当の理由は、株価上昇にあるという話もありますが、ここではその話題には触れません)。

 東証はこの動きを受けて、上場基準の改定を進めており、日本企業に特有の現象であった、グループ企業間での株式持ち合いは、これまで以上に許容されなくなる可能性が高まっています。

 しかし企業側にしてみれば、株式の持ち合いができなくなるといろいろと不都合があります。株式の持ち合いは、お互いの会社に対して議決権を行使しないという暗黙の了解があったわけですが、新しい株主はそうであるとは限りません。

 いわゆるモノ言う株主かもしれませんし、株価が下がったらさっさと売ってしまう逃げ足の早い投資家かもしれないわけです。本来であれば、どんな株主がやってきても、堂々と対処できるようするのがスジですが、それまでには少し時間が必要です。

 ここに、新しく種類株を発行する意味が出てきます。この株式を購入する投資家は基本的にリスクを嫌い、安い配当でもよいという安定志向の投資家です。トヨタの経営方針に対して激しくノーを突きつける可能性は限りなく低いと思われます。

 グループ企業間での株式持ち合いを解消する代わりに、こうしたサイレントな株主を集めることができれば、これまでと同じようなやり方で経営を進めていくことが可能となります。株主構成の急激な変化による影響を最小限にしようという同社経営陣の知恵と考えると非常にスッキリします。

 種類株を出すこと自体はまったく問題ありませんが、こうした条件の異なる株式をあまり発行し過ぎると、今度は既存株主が反発する可能性があります。
 今回の規模であればほとんど影響はありませんが、長期的にこうした資本政策を継続していくということになると、全体的な資本政策のバランスがより重要となってくるでしょう。

 - ビジネス, 投資, 経済 , , ,

  関連記事

oilprice
原油価格下落に関する報道を見る際の注意点とは?

 昨日、原油価格の下落によって、ロシア経済が危機に瀕しているという記事を書きまし …

toyodaakio
トヨタが税金を払っていないという話題から見えてくるもの

 トヨタ自動車が過去5年間法人税を払っていなかったことが大きな話題になっています …

yugatafed
FRBが利上げ見送り。今後の政策オプションを狭めてしまった可能性も

 FRB(連邦準備制度理事会)が9月の利上げを見送りました。年内利上げは既定路線 …

abekaigai
税金が安いことより重要なこと

 現在、安倍政権では法人減税を成長戦略の目玉にすべく、具体策の検討を行っています …

dowgeraku
米国株急落をどう見る?

 米国株式市場が急落しています。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル安の …

kaigaiiju
海外移住をめぐる環境の変化は何を意味しているか?

 最近、再び海外移住に関する話題を耳にする機会が多くなってきました。つい最近、著 …

gdpjapan
日本のGDPは実は30兆円も多かった?という日銀レポートの波紋

 日本のGDP(国内総生産)に関する日銀のレポートが波紋を呼んでいます。税務デー …

kokunaikoujo
このところ企業の設備投資が活発になっている理由

 景気の先行きについてさらに明るい材料が出てきました。内閣府が2015年6月8日 …

46gdpmainasu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。来期の数字でアベノミクスの成否が決まる?

 2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値は、市場の予想通りマイナス成長 …

kabunusisoukai
株主総会の分散開催は評価すべき事だが・・・

 先日、経済産業省が、6月に集中している株主総会を分散開催するよう促す方針を固め …