加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

グーグルがWebサイトのスマホ対応を強く促す理由

 

 グーグルは2015年4月21日から、Webサイトがスマホ対応になっているかどうかを検索の評価基準に追加しました。スマホ対応になっていない場合には、検索結果の順位が下がる可能性があるとしています。

 グーグルは、独自のアルゴリズムを用いてWebサイトのランク付けを行っています。検索エンジンで、どのサイトが上位に表示されるのかは、この評価結果に大きく依存しているわけです。

クリック数に依存するビジネス・モデルはそろそろ頭打ち
 以前、サイトの評価基準はリンクの数など、非常に単純なものでした。しかし、最近ではアルゴリズムが発達してきたことで、コンテンツの質や内容の正確さなどについても、機械が判断できるようになってきました。

 グーグルとしては、とにかく検索エンジンの使い勝手を良くして、ネットを利用して欲しいわけです。

 スマホの拡大余地は限定されていますが、それでもネット利用者の裾野を拡大できる有力な手段であることは間違いありません。収益のほとんどを広告に依存するグーグルが、Webサイトのスマホ対応を促すのはある意味で当然のことといってよいでしょう。

 ただ、ITビジネス全体を考えると、スマホ市場の拡大と、それに伴う広告のクリック数の増加に依存したビジネスモデルは、そろそろ限界点となりつつあります。

 グーグルは一時期、スマホ・シフトによって広告単価の減少に苦しめられましたが、クリック数の増加で何とか成長を維持してきました。最近では、広告単価の下落には歯止めがかかったものの、今度はクリック数の伸び悩みが顕著になっています。

gugulukensaku

ネット・ビジネスは次のフェーズを模索し始めた
 グーグルだけではありません。フェイスブックやツイッターなど、利用者からのアクセスと広告に依存する企業の業績も、総じてかつてほどの勢いがありません。

 世界では途上国を中心にネットに接続できない人が何億人もいるのですが、ある程度の経済水準の国にとっては、ネットとスマホは当たり前のインフラです。
 これらのIT企業が、ここからさらに飛躍するためには、もう一段のイノベーションが必要な時期に来ています。

 おそらくそのカギとなるのは、ロボットであり人工知能であることはほぼ間違いでしょう。しかし、どの企業も明確な収益モデルを描けているわけではありません。
 つまり、工知能の潜在能力をうまくサービスに取り込むことができた企業が次のフェーズの覇者となるわけです。グーグルは現時点ではかなりリードしているようですが、何かあるか分からないのがIT業界です。

 人工知能が普及する段階になれば、場合によっては、一部のプレイヤーが入れ替わることになるでしょう。マーケットは、いよいよ面白い局面に入ってきたようです。

 - テクノロジー, 投資 , , , ,

  関連記事

rikenkoube
日本のエリートにひ弱な人が多い理由

 STAP細胞問題の中心人物の一人であった、理化学研究所発生・再生科学総合研究セ …

globalkeiei
経済産業省の「伊藤レポート」はビジネスマン必読

 先日、経済産業省が非常に面白いレポートを公表しました。企業と投資家との間には、 …

2001space
人工知能が問いかける人間の知性

 このところロボットや人工知能がめざましい発達を遂げています。10年後には、わた …

tosiken004
人口減少で民族大移動がさらに加速する

 このところ、郊外の不動産が積極的に売りに出されています。これまであまり動くこと …

chokikinri
長期金利低下は何を意味しているのか?

 このところ、長期金利の低下が進んでいます。日本の長期金利は昨年4月の量的緩和策 …

googlecar
グーグルの事故から考える自動運転車の安全性

 グーグルの自動運転車が事故を起こしていたことが明らかとなり、あらためて自動運転 …

hennnahito
「変な人」の募集で人材は育つのか?

 総務省が「変な人」の募集を開始したことが大きな話題になっています。 「変な人」 …

nissanngohon
高額な役員報酬に妥当性はあるのか?

 このところ日本の上場企業の役員報酬が増加傾向にあります。グローバルスタンダード …

toshibabiru
東芝の不正会計で浮き彫りになった、日本のカイシャが抱える本質的な問題

 不正会計問題によって決算の発表をたびたび延期していた東芝が、とうとう2015年 …

denwa
ある信用調査会社のトホホな話

 筆者はこうした執筆活動のほかに、会社をいくつか経営しているのですが、会社には信 …