加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

モノ作りのグローバル企業、米GEが金融部門売却で本業回帰

 

 全世界的に製造業を展開する米ゼネラル・エレクトリック社(GE)は2015年4月10日、同社の金融部門を事実上売却し、製造業に回帰することを明らかにしました。同社は金融事業の大幅な縮小を掲げていましたが、今回の売却によって本業回帰が一段と進むことになります。

製造業が金融部門を持つことは不自然ではないが・・・
 売却するのは金融部門が保有する約265億ドル(約3兆1800億円)の不動産。米投資会社ブラックストーンなどがこれを取得します。

 同社は巨大な金融部門を抱えており、大手銀行に匹敵する金融資産を保有していました。製造業は設備投資に巨額の資金が必要となるほか、商品が高額であることから、顧客の資金調達を支援する必要もあります。

 GEは発電用タービンやジェットエンジンなど大型の機器を製造する会社ですから、大規模な金融部門を持っていることは特に不思議なことではありません。トヨタも米国有数の金融会社を抱えており、顧客に対する自動車ローンを提供しています。

 ところが、GEの金融部門は本業の支援を超えて大幅に事業を拡大しており、リーマンショックでは、結果的にGE全体の利益率を押し下げる結果となってしまいました。

 GEの本業である製造業は、現在、絶好調であり、同社としては、自社の資金調達に関連する部門以外は外部に売却し、本業に集中した方が得策と判断したようです。

gehogyokaiki

米国経済が完全復活した証拠?
 今回の金融部門の売却は別な見方もできます。金融部門は景気が悪くなると不良債権の山になる可能性があり、こうした大型買収は、景気の先行きに楽観的でなければ実施することができません。

 このような大型の金融部門の売買が成立したということは、米国がリーマンショックから完全に立ち直り、完全に好景気のフェーズに入っていると市場が認識したことを示しています。

 GEは、その規模や市場シェアなどで日本メーカーを圧倒しています。今回の本業回帰によって、GEはグローバルなモノ作りの分野において、さらに立場を強固なものにしていくでしょう。
 残念ながら、GEの競合である三菱重工や日立製作所は、GEに大きく水をあけられた状態にあります。GEの本業回帰によって、その差はますます大きくなってくるかもしれません。

 - ビジネス, 経済 , , ,

  関連記事

kadokawango
KADOKAWAとドワンゴ合併は相互補完

 出版や映画を手がけるメディア企業のKADOKAWAと、動画配信大手のドワンゴが …

uramari
甘利大臣の辞任で注目のUR。日本の財政問題との関係性

 甘利経財相が、自らの金銭問題の責任を取って閣僚を辞任しましたが、今回の騒動から …

kokkai221
物価連動国債が個人に解禁された意味

 これまで機関投資家だけに販売されてきた物価連動国債がとうとう個人にも解禁となり …

kuroton
日銀の総括的検証で飛び出した適合的期待形成というキーワードは、撤退戦の始まりを示唆している

 日銀は、2016年9月21日に開催した金融政策決定会合において、これまでの金融 …

puchikigyoujosei
女性のプチ起業が思わぬところで波紋?

 このところ、女性の就労機会の拡大が社会的課題となっていますが、女性の「プチ起業 …

zenjindai
中国はどこまで軍備を拡張するのか?

 中国政府の軍事費が増大していることが問題視されています。隣国の日本としては気に …

sony
ソニーがアップルになれなかった理由

 ソニーは2015年3月期の業績見通しについて、連結純損失が当初予想の500億円 …

NYSE01
メディア・リテラシーの必要性

 マスメディアから情報を得る時には、いろいろと注意が必要です。 マスメディアは真 …

ventresien
政府のベンチャー支援策がうまく機能しない理由

 政府の新しい成長戦略がまとまりました。安倍首相は昨年、米国での講演において「日 …

zaiseijoutai
日本政府が抱える借金は大丈夫なの?

 財務省が抜本的な歳出削減に向けた動きを加速させています。背景には危機的といわれ …