加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

政府の財政再建目標に新しい指標が追加の公算。果たしてその狙いは?

 

 政府の財政再建目標に新しい指標を加えるという動きが出てきています。従来から掲げてきた基礎的財政収支(プライマリーバランス)に加えて、債務残高のGDP比についても併記する方向で調整が行われているようです。これが併記されることになると、日本の財政再建目標が甘くなる可能性があります。

安倍首相が債務GDP比の採用について言及
 これまで日本政府は、基礎的財政収支について2つの公約を掲げてきました。ひとつは2015年度に基礎的財政収支の赤字を2010年度からGDP比で半減するというもの。もうひとつは、2020年度に収支を黒字化するというものです。

 2015年度の赤字半減は目標を達成できましたが、2020年度の黒字化については今のところメドが立っていません。このままの状態が続いた場合、消費税をさらに増税しないと黒字化を達成できない可能性が高いわけです。

 ただ政府による財政再建の見通しについては、増税ありきで議論が進んでいるという批判があります。順調な経済成長を実現できれば、黒字化は可能と指摘する識者もいます。

 こうした流れを受けて、安倍首相は、昨年12月の経済財政諮問会議において、基礎的財政収支だけでなく、債務残高のGDP比についても着目すべきだと発言しました。
 経済成長でGDPが増えれば、債務残高が変わらなくても、そのGDP比は減少します。つまり、経済成長による効果をもっと重視すべきだという意味と考えられます。

 確かに、ドイツやカナダのように好調な経済を背景に財政再建を成し遂げた事例がありますので、経済成長を重視するというのは一つの考えといってよいでしょう。zaiseisaiken

狙いは公共事業の拡大?
 しかし、こうした動きの背景には別な狙いがあるという見方もあります。与党の中には、公共事業をもっと増やしたいと考えているグループがあり、首相の発言は、こうした議員らの声を反映したものともいわれています。

 確かに財政出動を増やせば、その分だけGDPは増えますが、国債を発行して公共事業ということになると、債務も増えてしまいます。債務の増加分以上に成長できないとかえって財政事情を悪化させてしまうリスクがあります。

 ここで気になるのが、日銀の量的緩和策です。今のところ日銀は再度の追加緩和に消極的ですが、もし日銀が追加緩和に踏み切れば、円安が進み物価が上昇するかもしれません。

 物価が上昇すると見かけ上のGDPは増えますから、債務のGDPも減少することになります。つまり、債務のGDP比を財政削減目標に据えると、過度にインフレを誘発しやすくなるわけです。

 このように、新しい指標の導入には様々なリスクがあります。また、基礎的財政収支より、債務GDP比の方が、達成のハードルが低いですから、併記するということになると、基本的には収支目標は甘めになります。

 今のところ、日本の財政悪化が懸念されて国債の価格が下落するような事態は考えられませんが、現在の水準の債務残高を続けていれば、いつかは国債の価格に跳ね返ってきます。
 より甘い基準の財政再建目標の導入は、あまりいい結果をもたらさないでしょう。

 - トピックス, 政治, 経済 , , ,

  関連記事

takusi
タクシー運転手の賃金と規制緩和の是非

 東京の大手タクシー会社に対して、運転手が残業手当の支払いなどを求めた裁判で、東 …

siromonokaden
個人消費が急激に落ち込んでいる

 このところ個人消費の勢いが急激に低下しています。エコノミストは駆け込み需要の反 …

jinkochino4111
人工知能が普及する現実の姿を想像してみよう

 人口知能やロボットの導入によって、日本の仕事の半分が消滅するという野村総研のレ …

kyuyomeisai002
賃金は物価に追い付くのか?

 昨年の春闘では、民間主要企業において2.19%の賃上げとなりました。2%を超え …

kakusakakudai
1%の富裕層が世界の富の50%を占める現状から日本を考える

 貧困の撲滅活動などを行っている国際NGO「オックスファム」は2015年1月19 …

toireshare
トイレをシェアする米国のネット・サービスから考える

 米国ではネットでいろいろなモノをシェアするサービスが活発ですが、とうとうトイレ …

pccw
すでにバブル?活況呈する東京の不動産市場はいつまで続くのか?

 先日、日本の不動産市場を象徴する大型物件の売買が成立したとの発表がありました。 …

shohishabukka
消費者物価指数があまり上昇していないのに、物価高になったと感じる理由

 このところ、インスタント食品、お菓子、バターなど、生活必需品が次々値上げされて …

panabeto
パナソニックが国内生産回帰というニュースをどう見るか

 パナソニックがエアコンや洗濯機などの、いわゆる白物家電について、今年の春から順 …

robottoken
ロボット犬をめぐる真実

 米国のベンチャー企業が開発したロボット犬の動画が話題になっています。社員がロボ …