加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

グーグルとソフトバンクの提携から儲けのヒントを考える

 

 ネット企業の巨人、米グーグルの周辺が騒がしくなっています。日本のソフトバンクとグーグルが携帯電話の分野で提携するとの報道が出ているからなのですが、同社がソフトバンクと提携する狙いはどこにあるのでしょうか。

グーグルは、とにかく動画をたくさん見て欲しい
 米メディアは、グーグルとソフトバンクが、ソフトバンクの子会社で、米国の携帯電話会社スプリントの無線通信回線をグーグルが利用することについて合意したと報じています。同じく米国の携帯電話会社TモバイルUSとも同じような合意に達したとの報道も出ています。

 スプリント社は、ソフトバンクが2兆円以上の資金を投入して買収した会社で、米国の携帯電話市場では3番目に高いシェアを持っています。
 そしてTモバイルUSは、米当局の承認が得られず断念しましたが、やはりソフトバンクが巨額の資金を投入して買収しようとした会社です。
 TモバイルUSの市場シェアは4位となっており、この両社を一緒にすれば、シェア1位のAT&A、シェア2位のベライゾンと肩を並べる巨大携帯電話会社となります。

 この2社をめぐって、ソフトバンクは巨額の資金で買収を試み、グーグルは包括的な提携関係を結ぼうとしているわけですが、その理由は、今後のネット・ビジネスにおいて、携帯電話の通信速度が重要な役割を果たす可能性が高いからです。

 現在、ネット接続はスマホからというのが主流です。この傾向は今後も続く可能性が高く、ITサービス事業者にとっては、スマホ利用者からどのようにして儲けるのかという部分が収益をカギを握っています。

 グーグルは、8兆円近くを売り上げる巨大企業ですが、その収益のほとんどが、1クリック数十円のネット広告の積み上げです。つまり、利用者がたくさんの広告を見てくれれば、同社は儲かることになるわけです。

 同社が巨額の資金を投じて自動車の自動運転技術を開発しているのも、広告の閲覧時間を長くするためです。自動車を運転する必要がなければ、その時間の多くを人はネットの閲覧に費やすでしょう。それほどまでにネット閲覧の機会拡大は重要なのです。

 今後、ネットの世界では動画配信が爆発的に伸びてくることが予想されているのですが、広告も同様に動画対応が進んでくるはずです。グーグルとしては、利用者にたくさん動画の広告を見て欲しいということになります。

gglesb

目的は「ボトルネック」の解消
 しかしここで問題となってくるのが、通信回線の遅さです。これから動画配信が主流になってくるというのに、スマホは通信速度が遅く、現状では動画配信にあまり向いていません。
 このままでは、グーグルの収益は、携帯電話会社の通信速度に大きく依存してしまうことになります。ここで米国の有力な携帯電話会社となったソフトバンクと組むメリットがでてくるわけです。

 グーグルはこのほかにも、自前の光回線を使った高速ネット接続サービスの提供地域を次々に拡大していますが、その理由も、ソフトバンクとの提携と同じと考えてよいでしょう。とにかく高速回線を整備したいのです。

 一方ソフトバンクにとっても、この提携は大きなメリットがあります。同社は、中国の電子商取引大手アリババ・グループの大株主です。ネット・サービスの基本インフラであるグーグルと提携関係にあることは、非常に有利に働くでしょう。

 ソフトバンクは昨年、人工知能を搭載した人型ロボットPepperを商品化していますが、Pepperはネット接続して利用することが大前提となっています。
 ロボットのビジネスとネットは切っても切れない関係にあるわけですが、グーグルはよく知られているようにロボット開発では世界最先端をいく会社です。今後はPepperとの連携もあり得るかもしれません。

 今回の提携は、情報の「ボトルネック」を解消することを目的としています。ボトルネックとは、モノや情報の流れの中で、隘路(細くなって流れが滞る部分)となっている部分を指します。あらゆるビジネスがそうですが、ボトルネックを解消することができれば、大きな利益を得られることが多いのです。

 日本では今、若年層の労働力不足が深刻になっていますが、これもボトルネックのひとつといってよいでしょう。労働者を確保できないため、全体の生産力が落ちているからです。
 このような状況において、労働者を集めてくるサービスや、逆に労働者に頼らなくても業務を遂行できる製品やサービスを提供できれば、大きな利益となります。

 ボトルネックがどこにあり、それをどのようにして解消するのかというのは、ビジネスの世界では非常に重要な考え方です。こうした見方で世の中を眺めてみると、いろいろなところにビジネスチャンスが転がっていることが分かると思います。

 - テクノロジー, ビジネス , , ,

  関連記事

nakamurashuji
中村氏がノーベル賞を受賞。発明の対価にまつわる誤解

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した日本人3名に授与 …

toireshare
トイレをシェアする米国のネット・サービスから考える

 米国ではネットでいろいろなモノをシェアするサービスが活発ですが、とうとうトイレ …

koujou
モノ作りへの情熱を冷静に考える

 先日、筆者は知人のN氏と日本のモノ作りについて議論していたのですが、少々違和感 …

sabizan
日本でサビ残の問題がなくならないワケ

 残業代に関する新社会人の意識調査の結果がネットで話題になっているようです。世の …

googlecar
グーグルの事故から考える自動運転車の安全性

 グーグルの自動運転車が事故を起こしていたことが明らかとなり、あらためて自動運転 …

chojikanzangyo
米国人は休暇中でも仕事、日本は残業時間削減が国策

 先日、米国の経済紙に、休暇中でもパソコンを持ち込んでを仕事をするワーカホリック …

obuchiyuko
小渕経産大臣辞任から垣間見える、日本社会における「お金」の役割

 小渕経済産業大臣が10月20日、自身の政治団体の収支が食い違っている問題の責任 …

arusutomu2
シーメンスとアルストム、鉄道部門統合の目的は製造業のデジタル化

 独シーメンスと仏アルストムの鉄道部門が統合されることになりました。表面的には躍 …

kyuyomeisai002
賃金は物価に追い付くのか?

 昨年の春闘では、民間主要企業において2.19%の賃上げとなりました。2%を超え …

pepper
ソフトバンクがロボットに進出する本当の狙い

 ソフトバンクが、人と対話できるロボット「Pepper」を発表しました。日本のロ …