加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

ブラック企業かどうかを決めるのは自分

 

 ブラック企業が社会問題になっていることを受けて、ブラック企業かどうかを診断してくれるというサービスが多数登場しています。必要に応じてこうしたサービスを利用するのはよいことなのですが、これに依存してしまうのは逆に危険です。

重要な判断を他人に任せてはダメ

 なぜなら、ブラック企業かどうかを決めるのは最終的に自分自身であり、この大事な部分を他人に依存してしまうと、自分自身をコントロールできなくなってしまうからです。

 筆者は、ブラック企業にもいいところがあるなどと主張したい訳ではありません。むしろ逆です。

 もし自分が働いている職場が、自分にとってはどうしても耐えがたいものであり、ブラック企業に思えたとしましょう。ところが、このような「権威のありそうな第三者」の意見では、ブラック企業ではないと認定されていたらどうなってしまうでしょうか?

 ブラック企業ではないと認定された会社で耐えられない自分は、本当にダメ人間なのだと自分をさらに追い込んでしまうことになります。日本では何かと公的なものや、権威のある人に判断を仰ぐ傾向が強いですが、これはある意味で大変危険な風潮なのです。

 ブラック企業かどうかを決めるのは自分自身であって、他人ではありません。自分にとって耐えがたい会社だと判断されるのであれば、その会社は勇気を持って辞めるのが正しい選択です。

 自分にとって耐えがたいと思っていても、他の多くの人にとってはそうでないという場合もあるでしょう。要するに、キツイと思っている本人だけが、一人で甘えている状態です。もしそうであった場合には、仕事を投げ出したしまった結果は、やはり本人が受け止めるしかありません。

お金を嫌う風潮がブラック企業を生み出す

 もっとも、ブラック企業といわれる会社の多くは、グレーゾーンどころか、法的にアウトという状況です。ブラック企業などというスマートな言葉よりも、むしろ奴隷労働といった方が適切でしょう。

 マフィアなど犯罪組織ではない普通の企業でこうした労働慣行が横行しているのは、先進国では日本だけともいわれています。そうなってしまう理由の一つが、お金に関する話題を嫌う社会風潮です。

 日本人の多くは、会社の仕事を金銭で評価することを嫌います。「社員は家族」という言葉がいい例ですが、金銭を媒介にしたドライな関係ではなく、家族的な仲間意識を重視するところも少なくありません。

 こうした環境は、うまく作用すれば、いい効果をもたらすかもしれませんが、悪く作用すると、従属的な人間関係を生み出してしまいます。「家族なんだがらどんなにつらくてもガマンしろ」という形にもなりかねないのです。

 地域の共同体で、親の代から周辺のことをよく知っているというような環境であれば、こうした体制も問題ないかもしれません。しかし、お互いをよく知らない相手がランダムに集まる企業でこのような疑似家族や疑似共同体を作ってしまうと、今度はそこから逃れることができなくなってしまいます。

 労働を提供した分については、お金で対価をもらい、仕事の評価は金額の多い少ないで表現する。確かにドライで味気ない感じもしますが、実はこのようなドライな関係性を保つことが、最終的には人間の尊厳を守り、奴隷労働から人を解放することになるのです。

 - トピックス, ビジネス, ライフ, 社会

  関連記事

gyakukaiten
消費低迷が顕著となり都市銀行の貸し出しも減少へ。アベノミクスは逆回転を開始?

 2016年4~6月期のGDPは事前の予想を下回り、事実上のゼロ成長となりました …

kojinnjoho
個人情報はどこまで保護されるべきか?

 通信教育大手ベネッセホールディングスから大量の顧客情報が漏えいした問題で、警視 …

21choen
年金運用の年間最大損失額21兆円をどう見る?

 公的年金の運用における国債から株式へのシフトが進んでいます。株式は国債に比べて …

germanyzaiseisaiken
財政再建が進むドイツ。国債の新規発行がゼロに

 財政再建を進めるドイツが、とうとう新規の国債発行ゼロを実現できる見通しとなりま …

swischingin
最低賃金2500円を問うスイス国民投票が意味すること

 スイスでビックリするような国民投票が行われました。何と最低賃金を22スイスフラ …

yugatafed
FRBが利上げ見送り。今後の政策オプションを狭めてしまった可能性も

 FRB(連邦準備制度理事会)が9月の利上げを見送りました。年内利上げは既定路線 …

zangyodai
営業マンも残業代ゼロ?労働基準法改正案のポイント

 会社での働き方や残業代の支払いが大きく変わりそうです。労働基準法の改正案が3日 …

kaigohoken
介護離職ゼロ目標で顕在化する、日本の社会保障制度と経済政策の矛盾

 安倍政権が「1億総活躍社会」の実現に向けて「介護離職ゼロ」という野心的な目標を …

led
反社会ビジネスが横行する理由

 発光ダイオード(LED)証明の架空取引で、大手広告代理店電通の子会社「電通ワー …

hennnahito
「変な人」の募集で人材は育つのか?

 総務省が「変な人」の募集を開始したことが大きな話題になっています。 「変な人」 …