加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

ブラック企業かどうかを決めるのは自分

 

 ブラック企業が社会問題になっていることを受けて、ブラック企業かどうかを診断してくれるというサービスが多数登場しています。必要に応じてこうしたサービスを利用するのはよいことなのですが、これに依存してしまうのは逆に危険です。

重要な判断を他人に任せてはダメ

 なぜなら、ブラック企業かどうかを決めるのは最終的に自分自身であり、この大事な部分を他人に依存してしまうと、自分自身をコントロールできなくなってしまうからです。

 筆者は、ブラック企業にもいいところがあるなどと主張したい訳ではありません。むしろ逆です。

 もし自分が働いている職場が、自分にとってはどうしても耐えがたいものであり、ブラック企業に思えたとしましょう。ところが、このような「権威のありそうな第三者」の意見では、ブラック企業ではないと認定されていたらどうなってしまうでしょうか?

 ブラック企業ではないと認定された会社で耐えられない自分は、本当にダメ人間なのだと自分をさらに追い込んでしまうことになります。日本では何かと公的なものや、権威のある人に判断を仰ぐ傾向が強いですが、これはある意味で大変危険な風潮なのです。

 ブラック企業かどうかを決めるのは自分自身であって、他人ではありません。自分にとって耐えがたい会社だと判断されるのであれば、その会社は勇気を持って辞めるのが正しい選択です。

 自分にとって耐えがたいと思っていても、他の多くの人にとってはそうでないという場合もあるでしょう。要するに、キツイと思っている本人だけが、一人で甘えている状態です。もしそうであった場合には、仕事を投げ出したしまった結果は、やはり本人が受け止めるしかありません。

お金を嫌う風潮がブラック企業を生み出す

 もっとも、ブラック企業といわれる会社の多くは、グレーゾーンどころか、法的にアウトという状況です。ブラック企業などというスマートな言葉よりも、むしろ奴隷労働といった方が適切でしょう。

 マフィアなど犯罪組織ではない普通の企業でこうした労働慣行が横行しているのは、先進国では日本だけともいわれています。そうなってしまう理由の一つが、お金に関する話題を嫌う社会風潮です。

 日本人の多くは、会社の仕事を金銭で評価することを嫌います。「社員は家族」という言葉がいい例ですが、金銭を媒介にしたドライな関係ではなく、家族的な仲間意識を重視するところも少なくありません。

 こうした環境は、うまく作用すれば、いい効果をもたらすかもしれませんが、悪く作用すると、従属的な人間関係を生み出してしまいます。「家族なんだがらどんなにつらくてもガマンしろ」という形にもなりかねないのです。

 地域の共同体で、親の代から周辺のことをよく知っているというような環境であれば、こうした体制も問題ないかもしれません。しかし、お互いをよく知らない相手がランダムに集まる企業でこのような疑似家族や疑似共同体を作ってしまうと、今度はそこから逃れることができなくなってしまいます。

 労働を提供した分については、お金で対価をもらい、仕事の評価は金額の多い少ないで表現する。確かにドライで味気ない感じもしますが、実はこのようなドライな関係性を保つことが、最終的には人間の尊厳を守り、奴隷労働から人を解放することになるのです。

 - トピックス, ビジネス, ライフ, 社会

  関連記事

togikai
収束しない都議会ヤジ問題。背景には何が?

 東京都議会のヤジ問題がなかなか収束しません。みんなの党会派の塩村文夏(あやか) …

kyuyomeisai002
賃金は物価に追い付くのか?

 昨年の春闘では、民間主要企業において2.19%の賃上げとなりました。2%を超え …

abedanwa70
安倍首相の戦後70年談話の中で、もっとも注目すべきポイントは?

 安倍首相が戦後70年談話を発表しました。注目されていた歴史認識問題については「 …

shotenet
書店を利用するのは10代、ネット購入は中高年

 ネットの購買に関する、当たり前といえば当たり前、意外といえば意外という調査結果 …

kabunusikangen
企業による株主への利益還元策が活発化している理由

 このところ、企業の利益を株主に還元しようという動きが活発になってきています。日 …

skypehonyaku
人工知能による同時通訳サービスがもたらすインパクトは大きい

 インターネットの通話サービスを手がけるSkypeが、人工知能を使った同時通訳の …

googlerank
グーグルが書き手の専門性や文章力を判断?

 ネット事業者にとって検索エンジンで自社のサイトが上位に表示されることは非常に重 …

zangyozero
残業代ゼロ制度でどうなる?

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ制度に関する議論が本格化 …

koshojutu
「粛々と」は上から目線?使わない方がよい言葉とは

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐって「粛々」という言葉が物議を醸しています …

kaigohoken
介護離職ゼロ目標で顕在化する、日本の社会保障制度と経済政策の矛盾

 安倍政権が「1億総活躍社会」の実現に向けて「介護離職ゼロ」という野心的な目標を …