加谷珪一の分かりやすい話

経済評論家 加谷珪一が分かりやすく「お金」、「経済」、「ビジネス」などについて解説します

*

経常収支の赤字は悪いこと?

 

 2014年5月12日、財務省は2013年度の経常収支が昨年より大幅に減少し7899億円になったと発表しました。日本は経常赤字に転落しつつあるといわれているのですが、これは何を意味しているのでしょうか?

日本は貿易より投資で儲ける国に

 国の最終的な収支を示す経常収支は、簡単に言うと貿易収支に所得収支(投資による収益)を加えたものです。要するに貿易で儲けた額と投資で儲けた額の合計です。

 日本は製造業の国だとよく言われます。確かに日本は工業製品の輸出で国を支えてきましたから、日本の貿易収支は何十年もの間、黒字でした。
 しかしバブル崩壊後からは少し状況が変わってきています。製造業があまり儲からなくなる一方、これまで儲けたお金を海外に再投資し、その利子や配当をもらえるようになってきたのです。

 10年ほど前から、すでに投資による利益が貿易黒字を上回っており、2011年以降は、とうとう貿易収支が赤字に転落してしまいました。現在は貿易による赤字を、投資による利益がカバーすることで、ギリギリで経常収支を黒字に保っている状況なのです。

keijoushusi

 特に昨年から円安が急激に進んだことで、エネルギーの輸入額が大幅に増えました。また、日本から工場が海外に移転したことで、日本はより多くのモノを輸入するようになっています。これによって貿易赤字はさらに拡大しています。

 経常赤字というと、非常に良くないイメージがありますが、経常収支の状況がその国の経済成長に直接的な影響を与えるわけではありません。経常赤字がその国の経済にどのような影響を与えるのかは、その国が置かれている状況によって異なります。

 例えば米国は毎年4700億ドル(約48兆円)にものぼる莫大な経常赤字を垂れ流していますが、それを上回る資金の流入があるため、経常収支の赤字は大きな問題にはなっていません。

経常赤字化は経済の仕組みが変化した証拠

 日本の場合、これまで経常黒字だったものがここ数年で一気に赤字に転換しようとしています。つまり経済の仕組みが急速に変化しているということですから、それがもたらす影響は大きなものになってくるでしょう。

 日本の経常赤字転落は、モノ作りの国からサービス業の国へと経済が転換していることの象徴なのです。これまで製造業が吸収していた雇用は、今後、徐々にサービス業にシフトしていく必要があります。こうした経済の転換がうまくいかないと、経済成長に対してマイナスの影響もあり得るでしょう。

 経常赤字そのものがいけないのではなく、経済の体質転換がうまくいかないと悪影響が出てくるのです。

 また経常収支が赤字になるということは、海外からの資金流入が増えることを意味しています。日本の市場の透明性を高め、良質な海外資金が入ってくるための仕組み作りも必要となります。
 日本の経済や社会はまさに過渡期に差し掛かっているのです。

 - トピックス, 経済

  関連記事

dowgeraku
米国株急落をどう見る?

 米国株式市場が急落しています。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル安の …

pakuri
「パクリだけでレポートを作成せよ」という画期的な大学の課題

 「パクリ」だけでレポートを作成しなさいというユニークな大学の課題が話題となって …

nissanngohon
高額な役員報酬に妥当性はあるのか?

 このところ日本の上場企業の役員報酬が増加傾向にあります。グローバルスタンダード …

toshibabiru
東芝の不正会計で浮き彫りになった、日本のカイシャが抱える本質的な問題

 不正会計問題によって決算の発表をたびたび延期していた東芝が、とうとう2015年 …

abenomicstokusitahito
アベノミクスで得したのは誰?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表しました …

ctscan
ガンの緩和ケアにまつわる誤解と日本人の死生観

 ガンに伴う身体的、精神的苦痛を低減する「緩和ケア」に関する誤解が多いということ …

gdpjapan
日本のGDPは実は30兆円も多かった?という日銀レポートの波紋

 日本のGDP(国内総生産)に関する日銀のレポートが波紋を呼んでいます。税務デー …

swissfukei
為替のスイス・ショックと円高・プラザ合意の共通点

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

kokkai221
物価連動国債が個人に解禁された意味

 これまで機関投資家だけに販売されてきた物価連動国債がとうとう個人にも解禁となり …

puchikigyoujosei
女性のプチ起業が思わぬところで波紋?

 このところ、女性の就労機会の拡大が社会的課題となっていますが、女性の「プチ起業 …